ここから本文です

南アフリカ国債格下げでも長期的に上昇? 高金利通貨ランドの可能性

6/30(金) 18:00配信

マネーポストWEB

 高金利通貨としてFX(外国為替証拠金取引)トレーダーからの注目度も高い南アフリカランド。直近でも、6月9日に米格付け会社ムーディーズが南アフリカの長期発行体格付けを「Baa2」から「Baa3」に引き下げるなどネガティブなニュースが出ており、南アフリカランド円も長期下落傾向が続いている。はたしていま、南アフリカランドでトレードするのは危険なのか。カリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが、解説する。

 * * *
 私はこれまでトレードで10億円以上の利益を獲得していますが、それだけの利益を獲得できた理由の1つとして、「実際にその通貨が使われている国を訪れて、その国の現状を自分の目で確かめてトレードを行ったから」ということが挙げられます。その国を訪れることで、より確信を持ってトレードすることができるようになります。

 もちろん私は南アフリカも訪れていますが、「南アフリカ」と聞くと、ジャングルや草原、砂漠などをイメージされる方も多いかもしれません。また、治安が良くないイメージを持たれている方も多いと思います。

 私が南アフリカを訪れたのは、2010年にワールドカップが南アフリカで開催される前年でしたが、ちょうどその頃も、同国の暴動がニュースになっていたりして、ネガティブな報道がたくさんされていたことを記憶しています。当時私がセミナー講師を務めていた証券会社の方からも、「万が一の事があっては困るから行かないでください!」と言われたりしました。

 しかし実際に訪れてみると、そのイメージは大きく崩れます。普通に滞在している分には、危険を感じることは全くありませんでした。

 大都市には日本の一流ホテル以上とも言える素晴らしいホテルもたくさん建てられています。また、南アフリカが独立して黒人大統領が誕生するまでは、オランダ、そしてイギリスの植民地でしたので、その影響もあって、ヨーロッパ風の建築物が並ぶ垢抜けた街並みが印象に残りました。

1/2ページ

最終更新:6/30(金) 18:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。