ここから本文です

誘惑多きサッカー選手をどうモチベートするか。闘将シメオネの突出した才能

6/30(金) 7:20配信

フットボールチャンネル

 フットボールチャンネルの次世代サッカー情報番組『F.Chan TV』。第54回に、実況アナウンサーの倉敷保雄氏、解説者の玉乃淳氏がゲストとして登場した。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 番組では、6月20日にカンゼンから発売されたアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督の自叙伝『信念~己に勝ち続けるという挑戦~』の発売を記念し、前週に引き続いて同監督を特集。今回は、熱き“闘将”が贈る珠玉の言葉を紹介した。

「求めていたものを手中に収められるとすれば、それは愛のためにほかならない」

 シメオネはこの言葉で、どんな選手でもトップクラスになるために努力を惜しまないのは、お金のためではなくプレーすることへの情熱に他ならないということを説明している。

 現在莫大な報酬を得られるプロサッカー選手だが、お金に目が眩んでしまうと、全く別の選手となってしまう。そこで必要なのがサッカーへの“愛”となる。

 倉敷氏はシメオネについて「どこのチームに行っても、新しい違う選手が入ってきても、必ずモチベーションを与えることができることこそが、彼の突出した才能」と語る。

 「そうすると、お金の話から入っていくことは考えにくいので、おそらく“生きていくこと”や、“人生”というところから、入ると思う」と、“闘将”シメオネのサッカーを越えた情熱について言及した。

 選手の目標は、置かれている状況やその時の成長の度合いにより様々。しかし、そのようなものは全て超越した“生きていくこと”に焦点を当てて、シメオネは情熱を持ってフットボールをプレーすることを説いている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)