ここから本文です

マンU玉砕! 伊代表FWに88億円の獲得オファーもトリノは“安売り”に応じず

6/30(金) 7:30配信

Football ZONE web

伊紙報じる、トリノ会長は契約解除額を125億円に設定

 今夏の移籍市場での去就が注目される存在の一人が、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティだ。イタリア紙「トゥット・スポルト」は今季セリエAで26ゴールを挙げたストライカーに、高額オファーを投じたマンチェスター・ユナイテッドが玉砕したと報じている。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 同紙によると、ユナイテッドは前線のストライカー補強としてベロッティを高く評価。トリノに対して7000万ユーロ(約88億円)の現金決済オファーを提示したものの、トリノは断りを入れたという。トリノのウルバーノ・カイロ会長はシーズン中にベロッティの契約解除額を1億ユーロ(約125億円)に設定したとして話題になったが、バーゲンセールには応じない方針の模様だ。

 トリノは2015年夏にベロッティを獲得しているが、その際パレルモに支払った移籍金は750万ユーロ(約9億4000万円)ほどとされている。ユナイテッドからのオファーの時点ですでに10倍近い金額になっているが、トリノはそれ以上の価値を認めている模様だ。

 すでにイタリア代表のエースとも呼ばれ始めている23歳のストライカー獲得に失敗したユナイテッドは、金額を上げての再オファーを行うのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/30(金) 7:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新