ここから本文です

ストリートバスケ界の“魔術師”、敵も見とれるトリックプレー連発 ファン驚愕「冗談だろ」

6/30(金) 8:10配信

THE ANSWER

“プロフェッサー”ことグレイソン・バウチャーが超絶バスケテクを披露

 世界最高峰のNBAがシーズンの幕を閉じた一方で、一時代を築いた元NBA選手が数多く集う3対3の新プロリーグ「BIG3」が6月25日からスタートするなど、米バスケットボール界は依然として熱を帯びている。そんななか、米スポーツ総合誌「スポーツ・イラストレイテッド」がSNSである選手の「超絶テクニック」動画を拡散。ファンから「冗談だろ」「なんてことだ」とコメントが相次ぎ、衝撃が広がっている。

【動画】手に吸い付くようなボールさばき…現役ストリートボーラーNO1のテクニシャンが見せた超絶テクニック集

 アメリカで最も権威のあるスポーツ総合誌「スポーツ・イラストレイテッド」が28日、公式ツイッターを更新。「2017年、“ザ・プロフェッサー”は今まで通りバスケットボールをしている」とメッセージが添えられた動画には、ストリートバスケ選手の“ザ・プロフェッサー”ことグレイソン・バウチャーが敵も思わず見とれるほどのトリッキーなプレーを次々と繰り出し、対戦相手が感嘆する様子が収められている。

 とある日の試合。ストリート選手が主戦場とする屋外ではなく、屋内で行われたゲームで、プロフェッサーは自慢のテクニックを惜しげもなく披露する。

 自分の股の間にボールを通す「レッグスルー」に始まり、ボールを背中の後ろに回して方向転換する「ビハインド・ザ・バック」、左右に揺さぶって相手を抜く「クロスオーバードリブル」、敵の股にボールを通す「股抜きドリブル」など、難易度の高い技を駆使して得点を量産。一つひとつの技術もさることながら、“魔術師”のようにいくつもの技を組み合わせて高速で繰り出すプレーに、ベンチで戦況を見守る対戦相手も開いた口がふさがらないとばかりに、呆れて笑ってしまうほどだった。

「なぜNBAにいないんだ?」「ただごとじゃない」「バスケ界のエミネム」

 プロフェッサーは、アメリカ全土からメンバーを選抜し、トリッキー&アクロバティックなプレーで“魅せる”ことにこだわる世界最高峰のストリートバスケ集団「AND1」の元メンバー。過去には、世界中を回る「AND1ミックステープ・ツアー」で来日し、日本のバスケファンからも人気を博した経歴を持つ。

 動画が拡散されると、SNS上では世界中のファンから次々と驚嘆の声が上がっている。

「なんてこった」

「なぜ、プロフェッサーはNBAにいないんだ? 彼は天才だよ」

「素晴らしい。プロフェッサーはみんなにやり方を教えてくれるんだ」

「彼はバスケットボール界のエミネムのようだね」

「ただごとじゃない」

「君がNO1だ」

 33歳となった今も、かつてストリートバスケ界を席巻した男の腕はいっさい錆びついていないようだ。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:6/30(金) 8:10
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。