ここから本文です

インフルエンサーマーケティング、実質コストはいかほど?:マーケター向けガイドライン

6/30(金) 8:10配信

DIGIDAY[日本版]

インフルエンサーのマーケティングについて語る人は多いが、その価格の仕組みを理解する人はほとんどいない。

インフルエンサーにかかるコストは、ひとつのプラットフォームあるいはソーシャルネットワークを通して数百ドル(数万円)から数百万ドル(数億円)まで幅広い。なぜならそこには、排他性やエンゲージメント率、フォロワー数や使用権などあらゆる要因があるからだ。

インフルエンサーの検索プラットフォームであるハイパー(Hypr)でリードアカウントマネジャーを務めるヘンリー・ランガー(Henry Langer)氏は、「インフルエンサーというポストに対する価格設定は、ある種芸術であり、また科学でもある」と語った。「CPMやCPCといった用語は当てはまりにくい(こともある)」。

インフルエンサーマーケティングにおいて、しっかりした価格体系が構築されていないなか、我々はインスタグラム、Snapchat、YouTubeでのコマーシャル契約の小切手を切る際、ブランドが参考にできる一般的なガイドラインがないか、エージェンシーや芸能エージェンシー、そしてソーシャルスター自身に訊ねてみた。

インスタグラム:フォロワー10万人あたり1000ドル

ソーシャルメディアエージェンシーのアテンション(Attention)で、コンテンツおよびパートナーシップのアソシエイトディレクターを務めるチェルシー・ナフテルバーグ氏のチームは、インスタグラムのインフルエンサーに対し、フォロワー10万人あたり1000ドル(約10万円)という基準に基づいて、支払い額を試算している。それからエンゲージメント率、キャンペーン期間、クライアント予算といった、ほかの要因から価格を調整して取引交渉を行う。

「また、一流ブランドからのオファーなら、インフルエンサー自身がその商品や体験に興奮し、無償でやってくれることもある」と、ナフテルバーグ氏は語る。「また、インフルエンサーと直接かかわるのではなく、芸能エージェンシーと交渉する場合は、その手数料も考慮して、余分に予算を組むことになる」。

ランガー氏によると、ブランド各社はフォロワー数5万人未満のソーシャルスターのインスタグラム投稿なら250ドル(約2万5000円)からはじめ、1投稿あたりのフォロワー数が10万人増えるごとに、約1000ドルを追加することになるのではないか、という。知名度の高いセレブなら、価格は跳ね上がる。たとえばキム・カーダシアンは、インスタグラムの写真1枚で25万ドル(約2500万円)以上請求したと報じられている。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

DIGIDAY[日本版]

株式会社メディアジーン

デジタルマーケティング戦略情報に特化した
USブログメディア「DIGIDAY」の日本版。
国内外の最新情報を独自視点でお届けします。