ここから本文です

第1回 緊急報告・トランプ政権の危機-前編- 渡瀬裕哉PAI所長講演

6/30(金) 17:30配信

政治山

 2017年6月26日(月)、『90分で分かる政経セミナー(第1回)』が開催されました。第1回となる本セミナーの講演テーマは「緊急報告・トランプ政権の危機」で、講演者は渡瀬裕哉氏(パシフィック・アライアンス総研=PAI=所長)、モデレーターは古賀尚文氏(共同ピーアール代表取締役会長)になります。

 この日の講演者の渡瀬氏は、パシフィック・アライアンス総研所長・早稲田大学招聘研究員で、2009年グローバー・ノーキスト全米税制改革協議会議長(ATR)との御縁を得たことをきっかけに共和党保守派との強固な関係を構築。共和党保守派のインナーミーティングである水曜会参加資格保有者で、全米最大級の保守派集会であるFREEPAC2012で日本人唯一の来賓となるなど、現在、ATR、ワシントンタイムズやヘリテージ財団など共和党保守派との幅広い人間関係を持つことで知られています。それらの知見をもとに、2017年3月31日には著作「トランプの黒幕-日本人が知らない共和党保守派の正体」(祥伝社)を発刊しています。

 本セミナーでは同氏から「緊急報告・トランプ政権の危機」についてお話いただきました。本セミナーの様子は、上・下(講演・質疑)に分けて配信されます。

日本からでは分かりづらい、トランプ政権の現状は?

 日本でも報道されているとおり、トランプ大統領の支持率は全体として低下傾向にあります。ただし、共和党支持者・民主党支持者のトランプ大統領に関する支持率は明確に分かれているため、共和党支持者からの支持は必ずしも低下していません。

 既に終了した与野党対決型の下院補欠選挙での数字は2016年選挙時よりも大幅に悪化しています。オバマケアの見直しを担当するトム・プライス厚生長官の地元ジョージア州の補欠選挙は民主党が世論調査で上回っていましたが、最終結果としては共和党候補が辛勝。約40年ぶりに共和党が民主党に議席を明け渡す寸前でした。

 今後、巨額の選挙費用を投じて民主党内でジョージア州の補欠選挙キャンペーンを主導した民主党指導部の責任が問われることになり、共和党側ではなく民主党側の体制に変更が生じる可能性があります。

 2018年の中間選挙は、上院はオバマ時代の民主党大勝時の入れ替えであるため、共和党が有利の構図です。ただし、中間選挙に関する共和党の世論調査では、同党が劣勢のデータが続いており、中間選挙の見通しは共和党連邦議員のトランプ大統領への信任に影響すると考えられます。

 また、ロシアゲート問題の調査機関は5つ存在しており、特定の一つの証言などをクリアしても延々と調査は継続します。明確な証拠が出ないロシアゲート問題は政局上の問題であり、トランプ大統領への共和党議員及び共和党支持者の信任が維持されるかどうかにかかっているということです。

1/2ページ

最終更新:6/30(金) 17:30
政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社VOTE FOR

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。