ここから本文です

C・ロナウドが双子誕生を公表 「初めて会えることを幸せに思う」

6/30(金) 8:20配信

Football ZONE web

コンフェデ杯準決勝で敗戦後に自身のフェイスブックで明かす

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、コンフェデレーションズカップ準決勝チリ戦でPK戦の末に敗れた後、双子の男の子の誕生を初めて発表した。

【動画】受け継がれる天才のDNA…C・ロナウド愛息が父親さながらの鮮烈FK!

 0-0で突入したPK戦で、スーパースターにキッカー役は回ってこなかった。ポルトガルはクアレスマ、モウチーニョ、ナニのキックが3人連続で相手GKクラウディオ・ブラーボのセーブに阻まれる一方、チリは全員が成功させ、PK戦に0-3で敗れた。

 呆然とした表情を見せつつ敗北を受け入れたロナウドは、試合後にフェイスブックを更新。そして、これまで口を閉ざしていた新しい家族について公表した。

「私は代表の活動に参加していた。僕に双子の子供が生まれたと知っていたけれど、心も体も代表に捧げていた」

「ついに家族に初めて会えることを、とても幸せに思っている」

 ポルトガルの地元テレビ局「SIC」は10日、代理出産でロナウドの双子の子供が生まれたことを報じていた。ロナウドは長男も代理出産で誕生しており、新しい家族が増えたことになる。

「会長と監督の配慮を私は忘れることはない」

 その一方で、昨年の欧州選手権(EURO)優勝に続く代表タイトルを逃したことは、「不運にも我々は希望していた目的を達成することが叶わなかった。我々がポルトガルに喜びをもたらし続けることは間違いない」と痛恨の極みのようだ。一方で、3位決定戦を欠場して家族のもとへ帰ることについては「ポルトガルサッカー連盟の会長と代表監督の示してくれた配慮について、私は忘れることはないだろう」と綴った。

 ロナウドにとっては、激闘の1年だった。昨年6月のEURO優勝後、リーガとUEFAチャンピオンズリーグの二冠を達成した一方、スペイン税務当局からは18億円の脱税疑惑で裁判所への出廷日が確定。レアル・マドリードからの移籍問題も浮上している。

 ピッチ内外で大きな注目を集める男は双子の赤ちゃんと対面し、束の間の休息を楽しむことになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/30(金) 8:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新