ここから本文です

張本智和、14歳“初白星” 世界ランク23位に粘りの卓球披露「勝つと決めていた」

6/30(金) 9:35配信

THE ANSWER

T2アジア太平洋リーグに出場、身長188センチのカールソン相手に3-2で試合終了

 卓球の新リーグ「T2アジア太平洋リーグ」(T2APAC)は29日に第1ラウンド2日目が行われ、6月の世界選手権で大会史上最年少で8強入りした世界ランキング39位の張本智和(エリートアカデミー)は、同23位のマティアス・カールソン(スウェーデン)と対戦し、ゲームカウント3-2で勝利を収めた。

【画像】大会公式ツイッターで公開された、新リーグ「T2APAC」2日目を戦う張本智和の試合風景

 同リーグは、世界トップクラスの男女12名(計24名)を国籍に関係なく4チームに分け、男女それぞれシングルス3試合(各24分制限)を行う団体戦で実施。各選手が獲得したゲーム数の多いチームが勝利となる独自のルールが採用されている。「チームJJ」の3番手を担った張本は、1日目で「チームメイス」のアレクサンダー・シバエフ(ロシア)にゲームカウント2-3で試合を終えたが、チームのゲームカウント1-8と大量リードを許した状態で迎えたこの日は、「チームパーソン」のカールソン相手に粘りの卓球を見せた。

 第1ゲームはバックハンドショットが冴え、優位にラリーを進めて11-7。しかし、そのまま勢いに乗るかと思われた第2ゲームは、身長188センチの大きな体から繰り出すカールソンの強烈なショットに徐々にミスが増え、8-5から逆転を許して10-11で落とした。第3ゲームも5-11で奪われて迎えた第4ゲーム、序盤にリードを奪うと、一時は同点に追いつかれたが、勝負強さを見せて11-9で取り返した。

14歳“初白星”、「昨日は負けていたから、勝つと心に決めていた」

 第5ゲームもアグレッシブに攻め、4-2とリードしたところでタイムアップ。ゲームカウント3-2で前日の雪辱を果たすと、T2APACも公式ツイッターで「ゲーム3はハリモトがカールソン相手に僅差で勝利」と速報した。

 張本は27日に14歳の誕生日を迎え、ツイッターを更新。「T2リーグが始まりますが、全勝してチームに貢献したいです」と意気込みを綴っていたが、大会2日目で14歳“初白星”を挙げた。T2APACによれば、張本は「昨日(27日)は負けていたので、勝つと心に決めていました。結果には満足しています」と語ったという。

 しかし、張本の所属するチームJJは、チームパーソンにゲームカウント11-17で敗戦。2連敗で第1ラウンド最終日、世界ランク5位のドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)らを擁する「チームロッシ」と対戦する。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:6/30(金) 10:18
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。