ここから本文です

媚びないマニッシュスタイルはヤングセレブに学べ!

6/30(金) 22:30配信

VOGUE JAPAN

数年前に大流行したストライプやチェックといった英国風のトラッドなスタイル。これらが年々進化を遂げ、本来の格式高さを残しつつ、よりカジュアルにシフトしている。コーデに不可欠なのは、ホワイトスニーカーとシンプルなクロップドトップ。この2大アイテムさえあれば、ベラやケンダルのようにアクティブ&ヘルシーに着こなせるかも!?

ゼンデイヤ ブラックスーツは腹筋チラ見せで、若さをアピール。

ケンダル・ジェンナー 女性らしさを完全排除した、レトロなマニッシュコーデ。

妹のカイリーよりもマニッシュなスタイリングを好むケンダルが選んだのはウォルク モライス(WOLK MORAIS)の2017年秋冬コレクションで発表されたピンストライプのブレザーとパンツ。ヒップがすっぽり隠れる長めの着丈と、ボトムのロールアップ具合が絶妙! ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のポシェットを片方の肩から掛け、髪もオールバックにし、媚びないマニッシュスタイルに仕上げた。

ベラ・ハディッド 小物が重要! 伝統的なウィンドウペン・チェックを旬に着るコツ。

姉ジジのマンションから笑顔で出てきたベラ・ハディッドはジマーマン(ZIMMERMANN)のセットアップをチョイス。英国カントリー調を代表するトラッドなウィンドウペン・チェックは落ち着いた大人のためのものと思いがちだが、彼女のようにウクライナ発のラスラン・バジンスキー(RUSLAN BAGINSKIY)によるベイカーボーイハットとジバンシィ(GIVENCHY)のバッグでカジュアルダウンさせることも可能。シンプルなタンクトップやスニーカーを合わせてアクティブに楽しもう!

ヘイリー・ボールドウィン 恋人から借りたジャケットのようなオーバサイズ感。

カンヌ映画祭に参加するために現地のホテルに到着したヘイリー・ボールドウィン。今回はアレッサンドラ・リッチ(ALESSANDRA RICH)の、タータンチェックジャケットを着用。フェミニンで女性らしいシルエットで知られるブランドにしては珍しくプレッピーなデザインだが、敢えてゴツめのスニーカーブーツを合わせて旬な気分を取り入れて。

Text: Juna Chen

最終更新:6/30(金) 22:30
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年12月号
2017年10月28日発売

700円(税込み)

大人気モデル、テイラー・ヒルが表紙に初登場! 「ダーク」なヴォーグ、28日発売。