ここから本文です

阪神、拙攻目立ち泥沼の8連敗…。先発・青柳は1イニング3死球のワーストタイ記録

6/30(金) 21:24配信

ベースボールチャンネル

〇ヤクルト4-3阪神●(甲子園)

 30日、甲子園球場で阪神タイガース対東京ヤクルトスワローズの一戦が行われ、ヤクルトが勝利。阪神はこの敗戦で泥沼の8連敗となった。

ひ孫の代まで養える? MLB高額年俸トップ5。全員30億円超、現役No.1は…

 この日の先発は阪神・青柳とヤクルト・ブキャナン。2試合連続完封負けと打線が湿っている阪神だったが、この試合では先制点を奪った。

 2回、阪神は高山・糸原の四球・岡崎のバントを一塁手・グリーンが失策し無死満塁のチャンスを作り、鳥谷の併殺間に1点を先制。無死満塁で1点という結果だったが、無安打でヤクルト・ブキャナンから先制点を奪った。

 しかし、2年目の横手投げ右腕・青柳が持ちこたえられない。5回、青柳はバレンティン・グリーンに安打・大引に死球を与え無死満塁のピンチを作ると、続く藤井にも死球を与え押し出しで1点を献上。その後なんとか二死を奪うも、坂口に適時打を浴び勝ち越しを許すと、上田にこのイニング3つ目となる死球を与え、続く山田に押し出し四球で4点目を失ってしまった。

 1イニング3死球はプロ野球ワーストタイ記録となり、青柳は結局この回で降板。5回を87球で3安打、5奪三振、5四死球で4失点と、ベンチの期待に応えることは出来なかった。その後の4投手は無失点リレーを見せただけに、悔やまれる5回となった。

 そして、この日も打線が不発。毎回のように得点圏に走者を進めるも、好機で一打が出ず適時打は5回の福留の1本のみ。7回も鳥谷・上本の連打でチャンスを作ったが、得点はヤクルト三塁手・藤井の後逸による1点のみ。無死1・3塁の場面で福留は空振り三振、伊藤隼は一ゴロ、高山は捕邪飛と好機を活かしきれなかった。

 9回裏にも糸井の安打・福留の四球・秋吉の暴投で二死2・3塁とチャンスを作ったが、最後は代打・原口が二死2ストライク2ボールの場面で負傷降板した秋吉に代わった6番手・近藤のスライダーで空振り三振に倒れてしまい、試合終了。

 阪神はあと1点が遠くこれで8連敗となった。明日こそは打線爆発で、先発・能見を援護することは出来るだろうか。

ベースボールチャンネル編集部