ここから本文です

楽天、救援陣の好投で1点差守り切り首位攻防戦を先勝!先発・安樂は今季初勝利

6/30(金) 21:38配信

ベースボールチャンネル

〇楽天4-3ソフトバンク●(Koboパーク宮城)

 楽天が息の詰まる接戦を制し、首位攻防戦の初戦を制した。

井口資仁、7つの偉業。30本40盗塁に自由契約でMLB、そして…。球史に残る内野手の歴史

 この日の先発は楽天・安樂、ソフトバンク・東浜。0.5ゲーム差で迎えた首位攻防戦は、両軍粘りを見せる接戦となった。

 初回、楽天は島内・岡島の安打で一死1・2塁のチャンスを作ると、4番・ウィーラーが8球粘った末に、9球目のツーシームを左翼スタンドに運び、3点を先制した。

 その直後の2回、ソフトバンクは松田のフェンス直撃の三塁打でチャンスを作ると、明石の二ゴロ間に1点を返す。

 2点差に迫られた楽天だったが、3回に直近5試合の打率が5割を超えている好調・ペゲーロの今季第18号本塁打で1点を追加。結果、この1発が勝負を分けることになった。

 4点の援護を貰った安樂だったが、5回に柳田に落ちる球を捉えられ、今季第20号となる2点本塁打をバックスクリーンに運ばれ3点目を失ってしまった。

 安樂は5回を108球、4奪三振、2四球、3失点という内容で降板となった。そして、6回以降は救援陣が好投。6回に登板した2番手・高梨は二死から福田にイレギュラー性の当たりで不運な安打を許したが、その後の中村晃を三直に打ち取り、1回無失点。3番手・福山も一打同点のピンチを招いたが、要所を締め無失点。

 4番手・ハーマンはマウンドが合わず、2度ほど転倒する場面があったが、心配をよそに1回無失点。そして、9回は守護神・松井裕が柳田に四球を与えたものの、最後は代打・内川を右飛に打ち取り、試合を締めた。救援陣の好投が光り、安樂は今季初勝利、松井裕は23セーブ目を記録した。

 敗れたソフトバンクは、東浜が7回途中4失点と試合を作れず。そして、打線は毎回のように走者を出したがつながらず、首位攻防戦の初戦を落とした。

ベースボールチャンネル編集部