ここから本文です

「世界で最も価値のある陣容」 黄金期のレアル、市場価格総額940億円にスペイン紙も賛辞

6/30(金) 13:38配信

Football ZONE web

強力3トップがレアルの30.6%を占め総額360億円 2位は宿敵バルサの880億円

 5年ぶりのリーガ・エスパニョーラ制覇、史上初のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)連覇を成し遂げたレアル・マドリード。今まさに黄金期を迎えたといって差し支えないが、レアルびいきのスペイン紙「マルカ」は「世界で最も価値のある陣容」と賛辞を送っている。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 同紙が参考にしているのはドイツの移籍専門サイト「トランスファーマーケット」。世界各国のあらゆる選手の契約期間、市場価格を紹介しているが、トップチーム全選手の推定市場価格をあわせた合計金額は7億8330万ユーロ、日本円で約940億円にも及び、「世界で最も価値のある陣容」と評している。

 そのうち30.6%を占めているのは、強力3トップ「BBCトリオ」だ。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは1億ユーロ(約120億円)、8000万ユーロ(約96億円)のウェールズ代表FWガレス・ベイル、元フランス代表FWカリム・ベンゼマも6000万ユーロ(約72億円)で続いており、総額2億4000万ユーロ(約360億円)となっている。

 レアルのライバルクラブはどうか。宿敵バルセロナは7億3300万ユーロ(約880億円)と、5000万ユーロの差がついた。またドイツの絶対王者バイエルン・ミュンヘンでも5億6610万ユーロ(約680億円)で、それに続くプレミア勢最高のマンチェスター・シティ、同都市のライバルであるアトレチコ・マドリードも足元に及ばない。

 今夏の移籍市場ではスペイン代表FWアルバロ・モラタやコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの放出、そしてロナウドの退団騒動、モナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペ獲得の噂でメディアを賑わせている。何人かの選手入れ替わりはありそうだが、レアルが世界最強の選手が集う場であることは当面変わらなさそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/30(金) 13:38
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新