ここから本文です

本田、トッティ、アウベス、ペペ…錚々たる顔ぶれ 米メディア選定「欧州の移籍金ゼロTOP10」

6/30(金) 19:31配信

Football ZONE web

今夏、ゼロ円移籍で動く可能性のある10人を「ESPN」が特集

 欧州リーグのシーズンが終了し、サッカーファンの関心事は選手の移籍マーケットに向かっている。高額移籍金が飛び交うビッグディールも注目だが、その一方で契約満了を迎えた大物たちが「ゼロ円移籍」で動く可能性もある。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」はこの夏、要チェックとなるフリートランスファー10人を特集。ミランを退団する日本代表FW本田圭佑も選出されている。

英紙調査、来季プレミア20クラブ別「歴代最高の移籍金」

「欧州のフリーエージェントTOP10」と題された特集で、本田は錚々たる顔ぶれの中に名を連ねている。今年5月末に開設した自身のツイッター上でミラン退団を正式に発表したが、その後の動向については明らかになっていない。

 31歳の本田について記事では、「彼が横浜(FC)でプレーする驚異的なカズヨシ・ミウラのように50代までプレーするかどうかは定かではないが、本田は少なくともあと1年以上は欧州に残ることを望んでいる」と記された。具体的な移籍先などは言及されていないが、先日もスペイン1部のラス・パルマスが興味と報道されるなど、その去就には常に関心が寄せられている。

 また、「彼が目指しているのは、2018年ワールドカップメンバー(W杯)に相応しいと日本のバヒド・ハリルホジッチ監督に確信させること」とされている。1年後に迫ったロシアW杯を見据えたうえで、新たなクラブ選びは大きなターニングポイントとなりそうだ。

本田の他にワールドクラスがずらり

 その他にはJ2東京ヴェルディが交渉中だという元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティやユベントスからの退団が正式に発表され、マンチェスター・シティ入り間近と言われるブラジル代表DFダニ・アウベス、10年間所属したレアル・マドリードを去るポルトガル代表DFペペといったワールドクラスの選手がズラリと揃っている。

 インテル時代にDF長友佑都と同僚だった元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノと元イタリア代表MFチアゴ・モッタ、MF香川真司が兄貴分として慕う元ドイツ代表MFケビン・グロスクロイツ(ダルムシュタット加入が決定済み)らも選ばれた。

 また、シャルケでDF内田篤人と同僚だったカメルーン代表FWエリック・シュポ=モティング、アルジェリア代表MFラシド・ゲザル、元モンテネグロ代表FWミルコ・ヴチニッチも今夏去就が注目されるフリーエージェントの選手たちとして紹介されている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/30(金) 19:31
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ