ここから本文です

【浦和】監督交代の必要はない。しかし過去にない危機の打開へ、変化が求められる

6/30(金) 7:46配信

SOCCER DIGEST Web

ベスト8に進出したACLの成功が、Jリーグ低迷の遠因に!?

 浦和レッズのペトロヴィッチ監督が1-2で敗れた6月25日の鳥栖戦後の記者会見の終わり、次のように切り出した。

【PHOTO】上村莉菜×影山優佳|「欅坂46のサッカー女子コンビ」が可愛すぎる♥

「ヨーロッパで浦和のような大きなクラブが3連敗を喫すれば、監督の進退を問う質問が出ても不思議ではありませんが、皆さん遠慮されているのでしょうね。分かっています、すべての責任は私にあります」

 そのように自ら進退問題について触れるコメントを残したのだ。
 
 鳥栖に敗れてリーグ3連敗。4月30日の大宮戦(●0-1)からは1勝1分5敗と、2節から7試合負けなしだった頃の勢いは止まった。一時は首位に立っていたものの、1試合消化試合が少ない暫定ながら、順位を9位まで落としている。
 
 一方で、ちょうど今から1か月前、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)では韓国の済州からホームで3ゴールを奪って2戦合計スコア(3-2)で逆転に成功。9年ぶりのベスト8進出を決めた。
 
 指揮官は「ホームでの済州戦をピークに、チームのパフォーマンスが徐々に落ちている」とチーム状況を受け止める。確かに主力のラファエル・シルバ、宇賀神友弥らを欠く間に、リーグ戦で星を落としてしまった。ただし、ACLでの成功が、逆にJリーグの悪い流れの遠因になっているように感じる。
 
「ACLでは相手選手がボールに食らい付いてくれるので、僕らの狙っているサッカーを展開しやすい」とFW興梠慎三は語っていた。それぞれのチームが最大限のパフォーマンスを発揮することに重きを置くACLでは、ミシャ(ペトロヴィッチ監督の愛称)スタイルのメリットを生かして相手のギャップを突き(4バックに対し数的優位を作れるなど)、加えてここ数年のACLでの経験も生かして、勝ち進んできた。
 
 実際、撃ち合いになるACLは、観ていても面白い。そのなかで特殊なミシャスタイルを貫けば、浦和はアジアの頂点を狙えるはず。さらにその先の「世界」まで視野を広げられる。

 一方、Jリーグでは、6年目に突入しながらも基本布陣3-4-2-1と中心選手が固定化された浦和のサッカーは、対戦相手に綿密に対策を練られている。浦和の特長を消され、守備の弱点を徹底的に狙われている。
  
 攻撃のメカニズムが、他チームの監督や選手に熟知されていることを物語るような、最近の2連敗でもあった。名波浩監督が率いる磐田、マッシモ・フィッカデンティ監督の鳥栖、いずれも時間帯や状況に応じて戦い方を細かく変える「浦和対策」を施され、見事にハマってしまった。
 
 JとACLは別もの。しかし、済州戦と同じようにやれば勝てるはず、というスタンスでJの試合に臨み、返り討ちにあい続けている。そのため、全員でビジョンを共有できず、それぞれが頑張っているものの、意思統一されずバラバラになっている感じだ。

1/4ページ

最終更新:7/1(土) 0:24
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ