ここから本文です

【J1展望】川崎‐神戸|ともに求められるのはチャンスを決め切る力。先手を取るのは!?

6/30(金) 17:30配信

SOCCER DIGEST Web

川崎――両SBの攻撃参加が鍵に。

J1リーグ第17節
川崎フロンターレ – ヴィッセル神戸
7月1日(土)/19:00/等々力陸上競技場
 
川崎フロンターレ
今季成績(16節終了時):6位 勝点26 7勝5分3敗 21得点・14失点
 
【最新チーム事情】
●トレーニングでは両SBが攻撃参加する形を確認。
●鬼木監督は、神戸の「相手の特長を消す戦い方」を警戒。
●怪我人が徐々に復帰。森本は全体練習に合流し、井川は一部メニューを消化。
 
【担当記者の視点】
 前節のG大阪戦は21本対10本とシュート数では大きく上回ったものの、1-1のドローに終わった。今節こそ勝ち切りたいなか、トレーニングでは両SBが攻撃参加する形を確認した。
 
 鬼木監督は柔軟な守備網を敷いてくる神戸を警戒する。今節も阿部を1トップに置いた4-2-3-1で臨みそうだが、相手の穴を探りつつ、チャンスを決め切れるかがポイントになりそうだ。
 
 

神戸――2トップは小川&大槻が有力。

J1リーグ第17節
川崎フロンターレ – ヴィッセル神戸
7月1日(土)/19:00/等々力陸上競技場

ヴィッセル神戸
今季成績(16節終了時):11位 勝点23 7勝2分7敗 17得点・17失点

【最新チーム事情】
●前節の横浜を0-2で落とし2連敗。
●通算100試合まであと1試合のMF大森は、故障で欠場濃厚。
●元日本代表のFWハーフナー・マイクの獲得が決定的に。

【担当記者の視点】
 前節の横浜戦で2連敗となり、順位は9→11位へ転落。ここ2試合とも完封負けを喫しており、目下の課題は得点力不足と言える。今節も攻撃陣の出来が焦点だ。

 2トップは、横浜戦と同じく小川と大槻が有力で、渡邉は本職のFWではなく左サイドハーフにスライドする形になりそう。川崎にはポゼッションで優位に立たれそうだが、いずれにせよ、相手を押し込む時間帯にチャンスを決め切れなかった横浜戦の二の舞を演じることだけは避けたい。

 

最終更新:6/30(金) 17:30
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)