ここから本文です

古市憲寿が「都バス」から見つめた、現在の東京の姿。東京=“大田舎”説とは?

6/30(金) 6:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 今では多くのバス路線が走る東京。しかし明治以降、東京の中心部では電車(路面電車含む)が発達したため、バスはあまり普及しなかったそうだ。ところが1923年9月1日に起こった関東大震災によって電車が運行できなくなり、復旧にはかなりの時間がかかるという理由から、東京市電(現在早稲田~三ノ輪橋間を走る都電荒川線を運営する東京都電車の前身)を管轄していた東京市は代行としてバスを導入、1924年1月に巣鴨~東京駅、中渋谷~東京駅の区間で市営バスの運行を開始した。これが「都営バス」のルーツだ。

 この約100年の歴史を誇る「都バス」の各系統の始発から終点まで乗車し、「ちょっと上から目線」に位置する車窓から街を眺めた記録をまとめたものが『大田舎・東京―都バスから見つけた日本―』(文藝春秋)だ。本書は雑誌『BRUTUS』での連載「地上2.3メートルからの東京。」に加筆修正し、新たに乗った路線や小池百合子東京都知事との対談なども収録されている。乗ったバスは100系統(都バスには全部で178系統 ※1 あるので半数以上だ)というから、その総移動距離は相当なものだ。

 子どものときはバスが大好きで、休日になると一日乗車券を購入して延々と都バスに乗っていたという著者の古市憲寿は「東京は“大都会”ではなく“大田舎”なのではないか」という仮説を立てて次々とバスに乗り、見開きに1路線というまとめ方で、社会学者としての視点から高齢化する地域や変わりゆく街並み、田舎と都会の境界、消えてしまった地名が残るバス停などについて記している。また本書は「過去」の上に現在があるという、普段あまり意識しない視点からも東京を浮き彫りにする。

 本書を読んでいて意外に感じたのは、都営バスは山手線の内側と東京東部の路線がとても多い(都営バスの路線図「みんくるガイド」を見ると一目瞭然だ)ということだった。確かに東京の西側には多くの私鉄が走っており、その沿線には小田急、東急、京王、西武、東武、京急といった電鉄系のバス路線がある(京成だけは東側がメインだ)。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい