ここから本文です

トップガン(39.5億円)、帝国の逆襲(32億円)を凌ぐ80年代の配給収入ぶっちぎり1位の洋画は?

6/30(金) 9:00配信

週刊SPA!

 サントラを耳にするだけで、ワンシーンを目にするだけで当時の記憶を呼び戻す映画がある。今日でも名画として愛される作品が数多く生まれた80年代、あなたにとっての特別な映画はなんですか?

⇒80年代の洋画、ぶっちぎり1位

 80年代の日本における映画の潮流を語るには、邦画と洋画を分けて語る必要がある。じつはこのころの日本は、ハリウッド映画興行の黄金期。洋画と邦画のトップの配給収入を比べると、10億円以上の差をつけているほどだ(当時は興行収入ではなく、配給収入でカウントされている)。

 まずは洋画だが、今もなお人気を博するいくつかのジャンル映画が、お茶の間に浸透した時代といえる。それはSF大作、アクションスター映画、青春映画、アート系映画。SF大作は『スター・ウォーズ』旧3部作の2作がそれぞれ『帝国の逆襲』32億円、『ジェダイの復讐』(のちに『ジェダイの帰還』に改題)37.2億円と80年代を代表するヒット作として数えられているいるだけでなく、『ゴーストバスターズ』(40.9億円)や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(36.9億円)など、今も愛され続ける名作SF大作がスマッシュヒットを記録。

 それとともに、SF映画の金字塔ともいえる『E.T.』(1982年に35億円、1983年に94億円でぶっちぎり1位)や、冒険アクションの大傑作『インディ・ジョーンズ』シリーズの影響で、スティーブン・スピルバーグの名前がお茶の間レベルで浸透したことも印象深い。

 これらの共通点といえば、SFX(特撮)。今はどんな映画もVFX(ヴィジュアル・エフェクト=CG技術を用いた映像効果)がなければ成立しなくなったが、当時はまだ模型やオプチカル合成による特撮が主流だった。『スター・ウォーズ』シリーズの出現により、こうしたSFX技術が進化、SFの世界観を広げた。その影響で「一部コアなファンのため」と思われていたSF映画は、子供から大人まで未来に夢を馳せるものとして大人気を博した。

 また、今もなお人気のアクションスターが出現したのもこの時代。『ランボー』や『ロッキー』などのシリーズでシルベスター・スタローン、『トップガン』でトム・クルーズ、『ダイ・ハード』でブルース・ウィリスなど、現在も第一線で活躍を続けるA級スターのブレイク時期は80年代に集中している。

 むしろ、この時代以降にはアクション一本を貫く、もしくは稼ぎまくるドル箱スターというのは出てないのではないかと思えるほど、今も現役バリバリの名前がズラリだ。

 さらに『プロジェクトA』などでジャッキー・チェンが子供に大ウケしたのもこの時期で、今とは比べものにならないほどのアクション映画の勢いを感じる。

 それとともに、感度の高い若者に熱烈に受け入れられたのが、青春映画やアート系映画。『フラッシュダンス』(32.8億円)や『フットルース』(15.4億円)などの音楽青春モノをはじめ、『青い珊瑚礁』(5.5億円)や『愛と青春の旅立ち』(10.8億円)といった王道系などが、映画館通いに慣れた若者を中心に大ヒット。

 さらには『アマデウス』(8億円)や『エレファント・マン』(23.1億円)、『ラストエンペラー』(24.5億円)など、いわゆる“アカデミー賞関連作”となるアート系映画も、前述の超大作と同等の話題の盛り上がりをみせた。この流れは、この後の時代にも引き継がれ、サブカルシーンへとつながっていくこととなる。

<80年代洋画ランキング>

●1980年

1位 スター・ウォーズ 帝国の逆襲 32.0億円

2位 007/ムーンレイカー 22.8億円

3位 地獄の黙示録 22.5億円

4位 クレイマー、クレイマー 16.0億円

5位 スター・トレック 11.0億円

6位 マッドマックス 10.8億円

7位 1941 8.6億円

8位 カリギュラ 6.0億円

9位 青い珊瑚礁 5.5億円

10位 バトルクリーク・ブロー 5.2億円

●1981年

1位 エレファント・マン 23.1億円

2位 007/ユア・アイズ・オンリー 21.5億円

3位 スーパーマン2 冒険篇 15.9億円

4位 レイズ・ザ・タイタニック 8.5億円

5位 ブルース・ブラザース 7.7億円

6位 アメリカン・バイオレンス 6.7億円

7位 ハンター 6.3億円

8位 ブラックホール 6.0億円

9位 ヤング・マスター 4.9億円

10 位 クリスタル殺人事件 4.7億円

●1982年

1位 E.T. 35.0億円

2位 ミラクル・ワールド ブッシュマン 23.7億円

3位 キャノンボール 20.7億円

4位 ロッキー3 16.7億円

5位 少林寺 16.5億円

6位 レイダース 失われた聖櫃〈アーク〉 13.8億円

7位 エンドレス・ラブ 11.1億円

8位 マッドマックス2 9.8億円

9位 ドラゴンロード 6.0億円

10位 ザ・カンニング〔IQ=0〕 5.8億円

●1983年

1位 E.T. 94.0億円

2位 スター・ウォーズ ジェダイの復讐 37.2億円

3位 フラッシュダンス  32.8億円

4位 007/オクトパシー 19.4億円

5位 ランボー 12.0億円

6位 愛と青春の旅だち 10.8億円

7位 トッツィー 9.9億円

8位 スーパーマンⅢ 電子の要塞 9.1億円

9位 食人族 8.5億円

10位 地中海殺人事件 7.2億円

●1984年

1位 インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説 31.7億円

2位 キャノンボール2 29.0億円

3位 プロジェクトA 16.9億円

4位 フットルース 15.4億円

5位 ステイン・アライブ 14.9億円

6位 ネバーセイ・ネバーアゲイン 12.2億円

7位 ジョーズ3 8.3億円

8位 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 7.8億円

9位 ポリスアカデミー 7.2億円

10位 ザ・デイ・アフター 7.1億円

●1985年

1位 ゴーストバスターズ 40.9億円

2位 グレムリン 31.0億円

3位 ランボー 怒りの脱出 25.0億円

4位 ネバーエンディング・ストーリー 22.5億円

5位 007/美しき獲物たち 12.0億円

6位 スパルタンX 11.1億円

7位 ビバリーヒルズ・コップ 10.2億円

8位 コットンクラブ 8.7億円

9位 アマデウス 8.0億円

10位 マッドマックス サンダードーム 7.6億円

●1986年

1位 バック・トゥ・ザ・フューチャー 36.9億円

2位 ロッキー4 炎の友情 29.8億円

3位 グーニーズ 19.2億円

4位 コブラ 17.5億円

5位 コーラスライン 14.5億円

6位 エイリアン2 12.0億円

7位 愛と哀しみの果て 11.3億円

8位 コマンドー 11.0億円

9位 ポリス・ストーリー 香港国際警察 10.0億円

10位 サンタクロース 10.0億円

●1987年

1位 トップガン 39.5億円

2位 アンタッチャブル 18.0億円

3位 プラトーン 17.8億円

4位 ビバリーヒルズ・コップ2 14.2億円

5位 オーバー・ザ・トップ 12.4億円

6位 プロジェクトA2 史上最大の標的 11.5億円

7位 キングコング2 9.0億円

8位 ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀 7.7億円

9位 ゴールデン・チャイルド 7.6億円

10位 プレデター 7.3億円

●1988年

1位 ラストエンペラー 24.5億円

2位 ランボー3 怒りのアフガン 23.9億円

3位 危険な情事 23.5億円

4位 ウィロー 17.3億円

5位 ニューヨーク東8 番街の奇跡 14.9億円

6位 ロボコップ 9.1億円

7位 インナー・スペース 8.8億円

8位 クロコダイル・ダンディー2 7.9億円

9位 007/リビング・デイライツ 7.7億円

10位 フルメタル・ジャケット 7.6億円

●1989年

1位 インディ・ジョーンズ 最後の聖戦 44.0億円

2位 レインマン 32.6億円

3位 カクテル 17.5億円

4位 ロジャー・ラビット 14.4億円

5位 ブラック・レイン 13.5億円

6位 ツインズ 12.4億円

7位 星の王子ニューヨークへ行く 12.1億円

8位 ダイ・ハード 11.5億円

9位 子熊物語 7.6億円

10位 3人のゴースト 7.4億円

文/よしひろまさみち

日刊SPA!

最終更新:6/30(金) 9:34
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年8月29日号
08月22日発売

¥400

・[5年以内に破滅する人]のシナリオ
・食通が断言!チェーン飯の絶品ランク
・死に至る[ヤバい睡眠]白書
・加計学園「黒幕と補助金水増し」