ここから本文です

「和」と「涼」を届ける―男性に贈りたい夏アイテム

6/30(金) 6:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

 男性への贈り物を提案する連載「男性に贈りたいアイテム」第4回は夏の贈り物についてです。季節を感じさせるアイテムを贈りたいシーンでは、男性にはどんなものが喜ばれるでしょうか。

【関連画像】男性にもおいしさを教えてあげましょう

 皆さん、こんにちは。男性美容研究家の藤村岳です。今回のテーマは「夏を贈る」。お中元の季節でもありますが、そんな堅苦しいものではなく、一時の涼しさをお届けする、そんな軽い感じで読んでいただきたいな、と思います。

 実は、冬生まれの筆者は夏が大の苦手。少しでも涼を得られて、かつ、楽しく過ごせるものを、という視点でチョイスしました。さらに「和」と「涼」この二つを感じることができる、というのが今回の裏テーマでもあります。

●何枚あっても重宝、絵柄が豊富で楽しい手拭い

 では、まず「和」の部門から。何枚あっても重宝するのが、手拭い。個人的にも数十枚は持っていて、コレクションとまではいきませんが、面白い柄を見つけるたびに購入しています。またプレゼントにもよく使いまして、新年にはその年の干支の柄を購入して、お年賀として配ったりすることも。

 ボクは着物を楽しんでいるので、手拭いは必須アイテム。もちろん、普通のビジネスマンでも使い勝手がいいものです。なぜなら、手拭いはハンカチやタオルと違って縫い目がないから折りたたんでも平たくなりますし、ぬらしても乾きが速いんですね。汗を拭ったハンカチをまたポケットに戻すのはなんとなく抵抗があるもの。そこで、手拭いなら洗面所でサッと洗えますし、エアコンなどの下に干しておけば驚くほど速く乾きます。もちろん、オフィスでは他の方の迷惑にならないように配慮するべきですが。

 それに、手拭いは、まだ珍しいので、「カンバセーションアイテム」にもなるんです。きれいな発色や面白い柄など、日本人はもちろん、特に外国の方々との会話につながります。実際、海外出張のときのお土産に緑茶と一緒に渡すと喜ばれる確率が高いです。

 1枚1000円前後というのもプチプラで、贈りやすいですね。探すなら老舗の大野屋やかまわぬがお勧め。伝統的な柄もシャレの利いたポップな柄も豊富にあるのでぜひ、あなたのセンスを見せましょう。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2017年9月号

価格:590円(税込)

ぜ~んぶスッキリ!1分で捨てる新習慣
貯蓄1000万円お金の裏ワザ130
話が分かりやすい人の「伝えるコツ」
おとなの教養が身に付く夏の必読本