ここから本文です

有村架純、土屋太鳳…、朝ドラ女優と長文ブログの親和性

7/1(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 2018年4月開始のNHK連続テレビ小説『半分、青い』のヒロインが永野芽郁に決定した。朝ドラは2013年の『あまちゃん』(ヒロイン・能年玲奈・現「のん」)以降高視聴率が続いており、今や女優にとってのステイタスとなっている。

 当サイトでも、朝ドラの影響については、5月23日に〈仮面ライダー&戦隊出身俳優、ブレークに必要なのは朝ドラ〉などの記事を掲載しており、男性タレントにとっても朝ドラ出演が大ブレークの重要ファクターになっていることを報告した。

 これは、「戦隊モノ」「ライダー系」に出た男性俳優がさらなるステップアップに朝ドラが重要だ、という話である。同記事内では、イケメン評論家・沖直実氏によるこんなコメントが紹介された。

〈ヒーローを卒業してうまく朝ドライケメン枠に入れた人は必ずブレークしていますよね。もともとお母さん層や子供たちを虜にしていることに加え、おばあちゃん層も取り込めます。菅田くんは『ごちそうさん』でしょ? 福士蒼汰に松坂桃李、玉山鉄二、綾野剛もそう〉

 朝ドラ女優も同様に高評価を受けている。2016年12月24日に日経新聞の夕刊に掲載された〈広瀬すず、有村架純… 「ポスト黄金世代」女優が台頭〉という記事では、〈「タレントパワー」女優部門ランキング〉の2016年5月調査の結果が紹介されているが、有村架純(『ひよっこ』・4位)、堀北真希(『梅ちゃん先生』・8位)、杏(『ごちそうさん』・13位)となっている。そして、以下の記述がある。

〈加えて近年は、脇役として朝ドラに出演した女優も順位を上げるようになっている。20代前半女優のトップランナーである有村架純のブレイクのきっかけは、「あまちゃん」(13年)への出演。15年の124位から61位となった黒木華は、「花子とアン」(14年)の妹役で高い評価を受け、16年4月期のドラマ「重版出来!」で連ドラ初主演を果たした。朝ドラのヒロイン役だけでなく、脇役を演じた女優も注目されるようになったことで、黄金世代以下の女優たちが、名を上げるチャンスが増えたといっていい〉

1/2ページ