ここから本文です

30連勝のかかった藤井四段“ひふみんアイ”は見せるのか?

7/1(土) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、話題の人、将棋界の藤井四段に注目。

 * * *
 30年ぶりに公式戦の歴代最多記録29連勝を達成した藤井聡太四段。デビュー以来、無傷の最年少棋士はまだ中学3年生の14歳。偉業を成し遂げたというのに本人は実に落ち着いているが、将棋界は“藤井特需”というくらい盛り上がってきている。ということで、注目を集めた東の天才、増田康宏四段との6月26日に行われた対局を見てみよう。

 当初、師匠である杉本昌隆七段は、藤井四段の顔色の悪さと、初盤に脇息(肘置き)にもたれかかる様子を見て、体調が悪いのかと心配していたという。振り返って映像を見てみると、確かに顔色は白い。はた目には緊張しているせいかなと思ってしまうことでも、師匠の目には、いつもと違うことがすぐにわかったのだろう。

 だが、そこから11時間以上に及ぶ長い対局が続く。師匠の心配をよそに、体調の悪さなど微塵も感じさせない集中力で、藤井四段は崩れることなく勝利する。何度も頭が盤に近づき、前傾姿勢になっていくが、杉本七段によると、これは藤井四段が集中している時の癖であり、闘争姿勢。時おり、相手をちら見するのは、形勢が有利な時に出る癖らしい。

 対局中、膝前に置かれた扇子を手にすることも多かった。茶道では、扇子を膝前に置き挨拶をする。これは相手を敬うためのものだが、将棋では、扇子を手にして開け閉めすることで、数十手先の手まで考える思考のリズムを取ることができるということらしい。藤井四段も扇子を開閉しながら、先の手を読んでいたのだろうか。

 これを脳の動きという点から捉えると、見て考えるより手を動かして考える方が脳が活性化して効果的といえる。脳神経学者のワイルダー・ペンフィールドによる、大脳が身体からの触覚情報を受け取る体性感覚野を示している脳の地図では、手や指に対応する脳の面積がとても大きいからだ。ということは、扇子を手の中で回したり、指先で開閉することで、思考がより活発になるのである。

1/3ページ