ここから本文です

シルヴィア・フェンディ独占インタビュー ユニークなアイデアの源泉は?

7/1(土) 20:00配信

WWD JAPAN.com

 「フェンディ(FENDI)」の創業家に生まれ、現在その3代目としてカール・ラガーフェルドと共にクリエイティブ・ディレクターを務めるシルヴィア・フェンディ(Silvia Fendi)が、表参道店のオープンに合わせて来日した。ぜいたくなファーがルーツの同ブランドだが、近年はアイキャッチなアクセサリーがヒットし、支持層を広げている。そのユニークなアイデアの源泉をひもとく。

WWDジャパン(以下、WWD):ここ数年、“バッグ バグズ(BAG BUGS)”などのファーチャームや、バッグの付け替えストラップ“ストラップ ユー(STRAP YOU)”いった新しいアイテムの提案を続けているが、どんなところからそのアイデアが浮かんでくるのか?

シルヴィア・フェンディ「フェンディ」クリエイティブ・ディレクター(以下、シルヴィア):私は、常にこの世に存在しないようなものを作りたいと思っています。大事にしているのは、機能性、もしくは単純に“楽しい”ということ。例えば、“バッグ バグズ”は、「フェンディ」のDNAであるファーを使って機能はなくてもただ楽しいものを作りたかったんです。「フェンディ」らしいものが欲しいといっても、今は必ずしも皆がファーコートを着たいというわけではないし、買えるわけではないですよね。だから、所有者のベストフレンドになるようなものにしようを考えました。そして、クリスマス休暇にブラジルに行ったときに、友人の家で色鮮やかな鳥たちを見て、デザインをひらめきました。一方、“ストラップ ユー”誕生の背景には、自分好みにアレンジすることで、同じバッグを長く愛用してもらいたいという思いがありました。「フェンディ」のバッグは決して安くはありません。だから、気分やシーズンによって自分でアレンジできることは、バッグに長い命を与えるという意味で大切ではないでしょうか。新たに提案している“キャナイ(KAN I)”にはいくつもメタルリングが付いていて、いろいろとカスタマイズを楽しめるデザインになっていますよ。

1/3ページ

最終更新:7/1(土) 20:00
WWD JAPAN.com