ここから本文です

大振りピアスやハーネスが大ヒット中 「ザ・ダラス」デザイナーに直撃

7/1(土) 21:00配信

WWD JAPAN.com

 田中文江による東京のウィメンズブランド「ザ・ダラス(THE DALLAS)」が好調だ。現在店頭に並んでいる2017年春夏商品がデビューから2シーズン目だが、イエナ(IENA)やビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)など有力セレクトショップ約40アカウントで取り扱いがある。特にアクセサリーに定評があり、大ぶりのイヤリングはビンテージパーツを組み合わせ一つ一つ手作りで、5カ月で約6000個の受注があったそうだ。エディション(EDITION)やロク ビューティ&ユース(ROKU BEAUTY&YOUTH)で行ったポップアップショップでは、顧客の好みのパーツで作るカスタマイズ企画が好評。イヤリングを5つまとめ買いする客もいるほどの人気ぶりだったという。デザイナーの田中は、さまざまなアパレルブランドでデザイナーとして活躍し、ヒット商品を生み出してきたベテランだ。彼女にこれまでの経歴から、ブランドの立ち上げのきっかけ、商品へのこだわりを語ってもらった。

WWDジャパン(以下、WWD):デザイナーを志したきっかけは?

田中文江「ザ・ダラス」デザイナー(以下、田中):幼い頃からデザイナーになりたいと思っていました。中学生の時には、「ジュニー(JUNIE)」という雑誌でデザイン画を描いて、毎号誌面に登場していました。私が描いた絵を元にスタイリストさんがスタイリングをしてくださる企画だったのですが、形になるのを見ることが楽しくてうれしくて、必然的にファッションを仕事にしたいと思うようになりました。実は、その企画では私の他に1人すごい子がいて、その子といつも競い合っていたんです(笑)。で、もっと絵を上手に描けるようになりたいと、高校卒業後には服飾専門学校に通いました。

WWD:就職はどのようにされましたか?

田中:専門学校を卒業後にワールドに入社しましたが、実際思い描いていた華やかな世界とは大きなギャップがありました。入って3日目には「もう辞めます!」と言ったところ、人事に止められ、あと1週間、あと1カ月、と思いながら、残ることを決めました。まずは上司が仕事をしやすいように動くという、心遣いを学びました。それはお茶の出し方だったり、エレベーターのボタンを最初に押すことだったり、相手が何を望んでいるのかを察知することでした。今思えば、下積みとして経験できてよかったと思います。ワールドでは、ミセス向けの婦人服ブランド「ビルダジュール(VILLE DAZUR)」に所属し、入社1年後にはカジュアル部門のデザインを任されるようになりました。そこでベテランデザイナーの下、パターンやトワルの組み方、高級素材に触れて、仕事を身につけました。

最終更新:7/1(土) 21:01
WWD JAPAN.com

Yahoo!ニュースからのお知らせ