ここから本文です

選手たちの「覚悟」を引き出す、シメオネの人心掌握。偽りなき闘将が発する珠玉の言葉

7/1(土) 9:00配信

フットボールチャンネル

 フットボールチャンネルの次世代サッカー情報番組『F.Chan TV』。第54回に、実況アナウンサーの倉敷保雄氏、解説者の玉乃淳氏がゲストとして登場した。

 番組では、6月20日にカンゼンから発売されたアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督の自叙伝『信念~己に勝ち続けるという挑戦~』の発売を記念し、前週に引き続いて同監督を特集。今回は、熱き“闘将”が贈る珠玉の言葉を紹介した。

「諸君、もう戻ることのないこの瞬間を生きてくれ。悪い時期には、どれだけあがいたとしても、クソみたいな状況から抜け出せないものだと知っていてほしい。そうすれば良い時期にだって、同じように戦い続けられる」

 これはラシン・クルブ(アルゼンチン)を率いていた当時、主力選手の移籍によって成績が低迷していた際に選手へ語った言葉とのこと。悪い時期に投げ出さずに乗り越えればいずれ良い時期が訪れるという意味だが、この後、実際にラシンは若手中心のメンバーで4連勝を果たすこととなった。

 この言葉に対し、玉乃氏は「監督の言葉というのは選手にとっては全てです。信頼がないと、いくらお金をもらってもサッカーできないんですよ」と元選手のならではの意見を展開。

 玉乃氏によると「監督が何か嘘というか、本当に思っていることを言わなかったり、態度で(それが)分かってしまうと、選手というのはすぐぷいっとしてしまう」とのことだが、シメオネ監督については「社交辞令でもなく、本当に思っている言葉をかける。偽りない」と述べた。

 シメオネが率いるチームの選手たちは、まるで戦士のように「覚悟」を持って試合に臨んでいるように見える。選手たちと真正面から真摯に向き合い、全く偽りのない言葉をかけることこそが、彼らの心を奮い立たせている真の理由なのかもしれない。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)