ここから本文です

サンドウィッチマン 週刊少年ジャンプとコラボ番組スタート「50年続く番組にしたい」

7/1(土) 12:00配信

otoCoto

TBSラジオと、2018年に創刊50周年を迎える「週刊少年ジャンプ」(集英社)がコラボした新番組「サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ」が7月1日(土)にスタートする。番組では、漫画が大好きなことで有名なサンドウィッチマンの二人が、人気漫画家の先生をゲストに招き、作品にまつわる話から、「今ハマっていること」「休日の過ごし方」「好きな音楽」など、普段はあまり聞くことのできない、先生の人となりに迫っていく。

「週刊少年ジャンプ」は1968年7月に、月2回刊行の「少年ジャンプ」として創刊。1969年9月から週刊化された。数々の大ヒット作を次々に生み出し、1994年末にはマンガ誌として史上最大発行部数653万部を記録。少年マンガ界を牽引し続けている。2018年に創刊50周年を迎えるにあたり、様々な記念企画が進行中だ。

MCをつとめるサンドウィッチマンの二人に好きな「ジャンプ」の作品を聞いたところ、富澤は『キン肉マン』(ゆでたまご)、『魁!!男塾』(宮下あきら)、『ろくでなしBLUES』(森田まさのり)、『魔少年ビーティー』『ジョジョの奇妙な冒険』(以上、荒木飛呂彦)と回答。伊達は『魁!!男塾』(宮下あきら)、『Dr.スランプ アラレちゃん』『ドラゴンボール』(以上、鳥山明)、『ろくでなしBLUES』(森田まさのり)、『プレイボール』(ちばあきお)など、歴史のある「週刊少年ジャンプ」だけに、バラエティに富んだタイトルが飛び出した。

初回の放送では、二人も大ファンだという『魁!!男塾』の宮下あきら先生が出演する。今後、番組のゲストで来てもらいたい漫画家を聞くと、荒木飛呂彦先生(富澤)、鳥山明先生、ビッグ錠先生(伊達)、との答えが返ってきた。ぜひ、先生を加えた三人の、ディープな話を聴いてみたいものである。

番組にかける意気込みを、富澤は「ジャンプのように50年続く番組にしたいです」、伊達は「漫画が大好きな世代を超えた話や、先生のプライベートをたくさん聞きます」と答えてくれた。放送は、毎週土曜日 24時30分~25時。関東ローカルだが、同局の配信サービス「ラジオクラウド」で全国どこでも聴取することができる。「週刊少年ジャンプ」を片手に番組を聴けば、一層楽しめそうだ。

最終更新:7/1(土) 12:00
otoCoto