ここから本文です

稲垣吾郎&草なぎ剛&香取慎吾に浮上するトリプル主演映画計画

7/1(土) 6:02配信

女性自身

「元マネージャーのAさんの会社に移籍するなどと言われてきましたが、3人は9月以降、特定の事務所に所属せず、しばらくは“フリー”という形で活動していくようです」(広告代理店関係者)

6月18日、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42・※)、香取慎吾(40)とジャニーズ事務所の契約が9月8日をもって終了することが発表された。SMAPの解散発表以後、3人は新規の仕事をほとんどやってこなかった。退所後にその状況が変わるのか、ファンは大きな関心をもってきた。

「SMAP育ての親であるAさんへの3人の信頼は、いまも揺らいでいません。特定の事務所に所属しないのは、3人を『彼らを想う気持ちに変わりはありません』という異例のコメントでこころよく送り出してくれたジャニー喜多川社長にきちんと礼を尽くしたい、ということでしょう。とはいえ9月以後はAさんが“フリー”の3人を背後からプロデュースして支え、仕事の窓口もAさんが受け持つことになりそうです」(前出・広告代理店関係者)

気になる3人の今後については、草なぎがナレーターを務める『ブラタモリ』(NHK)から、退所後も草なぎの出演は継続されることが発表されている。そして、こんな話も――。

「じつは今月に入ってから、Aさんがある映画会社を1人で訪れたんです。Aさんの来訪を知って、映画会社の社内は『まさかAさんがうちに来るとは……』と、騒然としたそうです」(芸能プロ関係者)

彼女が訪れたのは、大手ではなく独立系の映画会社。

「大手映画会社には、すでにジャニーズ事務所のタレントが数多く出演していますから、遠慮したのかもしれません。Aさんは10月以後の新たな活動の場を求めて、3人の映画出演を売り込んだと聞いています。それぞれの主演映画かもしれませんが、必要なのは、何よりもインパクト。稲垣さん、草なぎさん、香取さん3人の“トリプル主演映画”となれば話題性は抜群。Aさんの狙いはそこにあるのかもしれません」(前出・芸能プロ関係者)

さらに語るのは、別の広告代理店関係者。

「Aさんは、基本的に退所後の3人を“俳優”として売り込んでいますが、SMAP時代にお世話になった作詞家や作曲家とも頻繁に連絡を取り合っています。映画や広告の関係者とも――。そこでも、3人を同時に起用する企画を提案しているようですよ」

しかし退所が決まったとはいえ、3人はまだジャニーズ事務所に所属している身。動き始めている“営業活動”がよけいな軋轢をうまないか心配になるが……。日本エンターテイナーライツ協会の共同代表理事・佐藤大和弁護士がこう解説する。

「一般的には、元の所属事務所との契約で禁じられていなければ、退社後の営業活動を事前に行うことは違法にはなりません。ただ、元の所属事務所を刺激したくないという配慮から、きちんと退社してからの営業活動が慣例となっています。退社前からの営業活動は、違法ではありませんが、“マナー違反”とは言われるかもしれませんね」

Aさんの活動ぶりを耳にしたテレビ局関係者の1人もこう言う。

「思い切ったことをやっている気はしますね。業界内では明確な“マナー違反”。3人の今後の活動に影響しなければいいのですが……」

元SMAPの5人全員が輝き続けることこそがファンの切なる願いだ――。


※弓ヘンに前の旧字の下に刀

最終更新:7/1(土) 6:02
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2794号・10月17日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

真木よう子 長女を元夫に連日預けて“火遊び愛”
成宮寛貴氏 インスタ極秘再開!欧州で驚きの変身
元SMAP 72時間特番の内容判明!有名人の生電話も