ここから本文です

JFKジュニアとダイアナ妃の密会の真相が明らかに

7/1(土) 18:30配信

ハーパーズ バザー・オンライン

1995年の夏、ダイアナ妃がケネディ元大統領の長男、ジョン・F・ケネディ・ジュニアとニューヨークのカーライル ホテルにて「男女の関係」になったという噂を聞いたことはあるだろうか?この不倫疑惑は2005年に複数のタブロイド紙が報じたもので、今まで真実は明らかにされていなかった。当時を知るジョンの元役員秘書、ローズマリー・テレンツィオさんが22年の歳月が経った今、この不倫疑惑報道を完全否定。『ピープル』誌のインタビューに対し、ジョンとダイアナ妃の密会は認めたものの、噂されているよりもはるかに純粋で健全であったことを証言した。

【関連記事】JFKジュニアとキャロリン・べセット=ケネディの結婚について、知られていないかもしれないこと

ローズマリーさんによると、ジョンは自身が発行人を務める政治&ライフスタイル誌『George』の表紙にダイアナ妃を起用したいと思い、オファーも兼ねてミーティングをセッティングしたのだそう。ただ世界が注目する大物2人ということもあり、調整には大変苦労したという。当時を振り返りローズマリーさんは「彼は情報のリークを恐れていた。当日パパラッチに見つかることもね。なかには変装をすすめるスタッフもいたけれど『そんなの馬鹿げている。JFKジュニアに変装はさせません!』と伝えたのも覚えているわ」と語った。

その意見に賛同したジョンは、ローズマリーさんと作戦を立てることに。その時彼女は、カーライル ホテルの正面玄関にパパラッチがいなかったのを思い出し、ジョンに「ホテルの裏口は絶対に避けてください。情報がリークしたのだとしたら、パパラッチたちはそこで待ち伏せします。ホテルは正面玄関から入ってください」と提案したのだそう。
そんな彼女の予感は見事に的中し、裏口で待ち構えるパパラッチをよそに、ジョンとダイアナ妃は誰にも気づかれることなく、正面玄関からホテルの入館に成功。ところがその数日後、ダイアナ妃から「有難うございます。オファーは嬉しいのですが、今はお受けすることができません」と手紙が届き、表紙を飾ることはなかったという。『George』誌クリエイティブディレクターのマット・ベルマンは「『ダイアナ元妃は素晴らしい美脚の持ち主』とジョンから聞いたことがある」と当時のエピソードを紹介。
ローズマリーさんも、ジョンがダイアナ妃を大絶賛したことを教えてくれた。「私もジョンが『背が高い!』と言ったのを覚えているわ。それに彼女はとてもシャイで控えめな性格であったことにも驚いていた。2人ともマザー・テレサに会ったことがあるので、その話で盛り上がっていたわ」

当時の大物2人の密会の真相が、ようやく明らかになった。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年12月号
2017年11月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。