ここから本文です

欧州制覇のU-21ドイツ代表 「8人か9人はすでにビッグプレーヤー」と指揮官が選手を称賛

7/1(土) 8:58配信

Football ZONE web

8年ぶり2度目の快挙達成、クンツ監督が大会後の選手の飛躍に期待

 ポーランドで行われていたU-21欧州選手権は決勝でドイツがスペインを1-0で下し、2009年大会以来2度目の優勝を飾った。チームの指揮を執ったステファン・クンツ監督も、快挙を達成した選手を称賛している。UEFA公式サイトがコメントを報じた。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 ドイツは前半40分に、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されたFWミッチェル・ヴァイザーが先制点を挙げると、その後もスペインに得点を許さずに完封勝利。アーセナルMFメスト・エジル、バイエルン・ミュンヘンGKマヌエル・ノイアー、DFマッツ・フンメルスらタレントを擁した09年大会以来となる戴冠を成し遂げた。

 クンツ監督は試合後、「スペインを祝福したい。彼らはこの決勝戦で、素晴らしい対戦相手だった。我々はたくさんの勇気を持って、技術的に最高の試合をする必要があった。スペインのビルドアップに対抗するのは簡単じゃなかったんだ」と対戦相手に賛辞も送っている。それだけの難敵との対戦だったが、「我々は優れたスタートを切ることができた。とてもアグレッシブで、スペインに足がかりを作らせなかった」と、相手の特色を消してプレーしたチームを評価した。

 選手たちのクオリティーを讃えた指揮官は、この大会で飛躍を遂げた若き選手たちのステップアップにも大きな期待を寄せている。

「選手たちの評価はとても高くなっている」

「(試合前に)この(U-21)EUROは2年おきに開催され、みんな2009年の成功に目を向けていると話した。だが、みんなも今日、選手たちがやったことを見ている。8人か9人の選手はすでにビッグプレーヤーだが、私は彼らに言ったよ。『もし今日勝てば、みんなが君たちのことを記憶する』とね。(準決勝の)PK戦はドイツ国内で1000万人が見たと思うよ。だから私の選手たちの評価はとても高くなっているだろう」

 ドイツ代表は2014年ブラジル・ワールドカップを制し、現在ロシアで行われているコンフェデレーションズカップではこのU-21欧州選手権に出場資格のある選手も含めた若手主体のメンバーで臨みながらも決勝進出。他国が羨むほどの分厚い選手層を誇っている。過去にこの大会を機にブレークしたエジルやノイアーのように、今大会で活躍した選手のなかから次代の新たなスターが生まれるのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/1(土) 8:58
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新