ここから本文です

ミラン本田も不名誉な選出 英メディアが選ぶ「背番号10、最悪の10人」

7/1(土) 12:40配信

Football ZONE web

ディアッラやギャラスの名前も挙がる 本田は「ファンを納得させられなかった」

 サッカー選手なら誰もが一度は背負いたいと考える「ナンバー10」。エースナンバーと言えるこの番号を背負うのは各チームで1人しかいないが、チームが結果を出せないと大きな批判に晒される運命にある。英サッカー専門メディア「90MiN」では「背番号10、最悪の10人」を選出。その中にはあの日本人選手も名を連ねている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 今回の企画で不名誉なナンバーワンに輝いたのは、MFラス・ディアッラ。チェルシーやアーセナルに所属経験があり、2009年にレアル・マドリードの一員となったが、10番の前任者だったウェズレイ・スナイデルがクラブを去ったことにより10番を着用した。しかし世界最強クラブのエースナンバーは荷が重すぎたことで知られている。

 その他にもセンターバックでなぜかアーセナルの背番号10を着用したDFウィリアム・ギャラスの名前が挙がった一方、日本代表FW本田圭佑もリストに含まれており、「日本人プレーヤーは2014年からミランでプレーしてきた。中央、サイドどちらでもプレー可能な“ポリバレント”なフットボールプレーヤー」と評価されつつも、こう続けられている。

「ミランでは主に右サイドでプレーしたが、ロッソネロ(ミランの愛称)のファンを納得させられなかった。そしてミランとの契約を更新せず、フリーエージェントとなった」

 現在は移籍先を探している現状についても記されている本田。“期待外れの10番”との評価を払拭するような活躍を、新天地で見せられるか。

「最悪の10番」10人のリスト

 同記事が最悪の10番として選定した10人のリストは以下の通り。

10位:ロビーニョ(マンチェスター・シティ)
9位:ウーゴ・ヴィアーナ(ポルトガル代表)
8位:アントニオ・レジェス(スペイン代表)
7位:シドニー・ゴブ(フランス代表)
6位:本田圭佑(ACミラン)
5位:アンドリー・ヴォロニン(リバプール)
4位:オリバー・ノイビル(ドイツ代表)
3位:ウィリアム・ギャラス(アーセナル)
2位:ヨッシ・ベナユン(チェルシー)
1位:ラス・ディアッラ(レアル・マドリード)

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/1(土) 12:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新