ここから本文です

18歳~25歳女子の遠距離恋愛をうまく続けるためのコツ【みんなの恋愛&モテ★裏トーク】

7/1(土) 20:30配信

集英社ハピプラニュース

せっかくできた彼氏も、大学受験で、就職で、離れ離れになってちょっと不安……。遠距離恋愛ってやっぱり難しいもの? 今回は、18歳~25歳の遠距離恋愛経験者に「遠距離恋愛を長続きさせる方法」をリサーチ! 目からウロコのテクの数々、みんなも参考にしてみて☆

「もうダメ!」別れを決意した最悪彼氏【みんなの恋愛&モテ★ウラトーク】


■メールは毎日するべきかどうか
「連絡はこまめにとるべき?」については、18歳~20歳、21歳~25歳で意見が真っ二つ!
18歳~20歳では「こまめにとるべき」が7割以上の多数派。
「おはよう、おやすみを必ず送る」(19歳・学生)「海外に行った彼と、毎日テレビ電話をして顔を見るようにしてた。全然離れている感じがしなかった!」(20歳・大学生)「LINEで文字だけでなく、1日1枚写真を送るのをルールに。お互い何をしてるのかもわかるし、単純に楽しかった♪」(19歳・大学生)と、LINEやFaceTimeを上手に駆使して「離れている感じをなくす」のが良い方法みたい。

一方、21歳~25歳では、「あまり頻繁に連絡しない」が半数以上と真逆の結果。
「相手に負担になると、逆に気持ちが離れそうだから、2~3日に1回くらいにしてた」(22歳・大学生)「毎日メール、とかルールを設けると、相手のことを『面倒だな』と思ってしまうきっかけになる」(23歳・会社員)「あえて頻繁に連絡を取らないほうが、いざ話したときにいろんな話ができて盛り上がるし、何かあったときに『彼に話そう♪』と毎日も楽しくなる」(22歳・大学生)などなど、相手の都合も考慮するオトナ女子ならではの気遣い意見が多数。
彼が社会人か学生か、時間に余裕があるのか忙しいのか、などにも合わせて考える必要がありそうです。

■彼を飽きさせないテク!
続いて、実際にやっていた「彼のキモチを離さない」ためにやっていたことをチェック!
・「たまに電話をして、生声で『好きだよ』と言ってあげると効果絶大(笑)価値を上げるためにメールで好きとかはあえて打たない!」(22歳・大学生)
・「同じテレビを見ながらLINEをすると、なんだか一緒にいる気分になって楽しい」(19歳・大学生)
・「重いメールは絶対NG! 長い文章を送りたくなるけど、同じだけ返さなきゃいけないって彼に負担に思われると逆効果なので」(23歳・会社員)
・「あんまり楽しそうな写真は送らない。男は割とスネるので(笑)。むしろ『こっちでも○○の話になったよ~』など話題に上がってる報告をしてあげると喜ぶ」(24歳・会社員)

■自分が飽きないためのテク!
彼のキモチが離れてしまうだけでなく、遠距離恋愛の敵は「自分のキモチが冷めちゃう」パターンも。恋のテンションを長持ちさせるためにやってることとは?
・「彼に依存しすぎるのではなく、仕事や趣味など自分が没頭できることを見つけると、彼の存在もいいリフレッシュになる」(24歳・会社員)
・「彼が遠いのをいいことに、たまに合コンに行ったり気になる男子と適度に遊んでおく(笑)」(20歳・大学生)
・「3ヶ月に一回くらい会いに行くようにすると、オシャレしようとか、あそこに行こうとか、イベントっぽくてワクワクするキモチになれる」(20歳・大学生)


彼のキモチや自分のキモチを、いろんな方法で高めてる読者女子のみんな。とはいえ「離れたくらいでキモチが冷めるなら、その程度の相手だから別れてもOK」(22歳・大学生)という意見のように、あまり無理するのも考えもの。好きなキモチに正直に無理のない範囲で頑張るのが、ほどよい距離感なのかも。