ここから本文です

本田のミラン3年半を伊メディア総括 “10番”として物足りなさも「偉大なプロ意識」を再評価

7/1(土) 19:30配信

Football ZONE web

6月末で契約満了、プロ人生初の無所属選手となった本田を特集

 日本代表FW本田圭佑は6月30日にACミランと契約満了になり、プロ人生で初めて無所属選手となった。イタリアメディアは3年半過ごしたミランでのキャリアを改めて振り返り、「クラブの歴史を変えなかったが、模範的なプロフェッショナルと証明した」と評価されている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

「ホンダ、ミラン最後の日。チームに仕えた3年半のプロフェッショナリズム」と特集したのは、ミラン専門ニュースメディアの「milannews.it」だった。

 2014年1月にミランに加入した本田は、4シーズンにわたってミランの背番号10を背負った。リーグ戦では14-15シーズンに6得点を決めた以外は、各シーズン1得点。かつての名門の栄光の10番を背負う選手としては落第点と言える数字だが、練習場で貫いた姿勢は今でも評価されている。

「ミランの歴史を変えた選手の一人としては絶対に記憶されないが、ケイスケ・ホンダはロッソネリにおける3年半で模範的なプロであることを証明した」

 フィールド外でのスポンサー集めなどの功績から「マーケティングマン」などと命名し、本田の背番号10剥奪を提案するなど、在籍期間中は厳しい視線を送っていた同メディアだが、出番がなくとも練習場で黙々とトレーニングを続ける態度は評価していた。

ボローニャ戦の一撃で「満足感を手にした」

 昨季はヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の就任とともに、定位置を失った。昨年10月25日のジェノア戦で先発出場のチャンスを手にしたが、バックパスと横パスを繰り返す消極的なプレーに加え、味方のオフサイドトラップに取り残されて失点に関与する痛恨のミスで、完全に信頼を失った。

「日本人MFの契約はこの日満了となった。今季はほとんど居場所を見つけられなかった。だが、偉大なプロ意識を示し、ボローニャ戦で今季唯一のゴールをマークし、満足感を手にした。これはミランにヨーロッパリーグ予選出場権を与えるものだった」

 今季は8試合221分の出場に止まったが、偉大なプロ意識を持った本田の姿勢は現地で再評価されている。スペイン1部に昇格したレバンテなどが新天地候補に浮上するなか、6月30日の契約満了を持ってキャリア初の浪人生活に突入。サッカー人生の集大成と位置づける来年のロシア・ワールドカップに向けて、来季こそフィールドで勇姿を見せたいところだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/1(土) 19:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新