ここから本文です

浦和の関根が後半ATに劇的“6人抜き”決勝弾! 広島に4-3と逆転勝利し5戦ぶり白星

7/1(土) 21:02配信

Football ZONE web

2点リードからまさかの3失点… 快足ドリブラーが苦境を救う

 浦和レッズは1日、J1リーグ第17節のサンフレッチェ広島戦に挑み、快足ドリブラーの一撃でついに連敗をストップした。前半終了間際に2ゴールを挙げて折り返したものの、後半の3失点で逆転を許したが、残り5分でFWズラタンとMF関根貴大が連続ゴールを決めて4-3で勝利。リーグ5戦ぶりの勝ち点3を手にした。

【写真】英紙が「尋常でない怪しさ」と酷評! 名古屋が発表したJリーグ開幕時の復刻版ユニフォーム

 リーグ4戦未勝利で3連敗中の浦和は、最終ラインの中央にDF那須大亮を起用。MF遠藤航をボランチに上げ、MF柏木陽介は2シャドーの一角にシフト。最終ラインに変化を加えてきた。一方、同じく4戦未勝利で3連敗中の広島もGKに今季リーグ戦初出場の中林洋次を起用。双方ともにキッカケが欲しいことが表れたスタメンになった。

 双方ともに守備面で相手の自由を奪いきれず、ゴール前に迫るシーンが多いゲームになった。そのなかで前半42分、均衡を破ったのはホームの浦和だった。最終ライン近くまで下がってボールを受けた柏木がフリーになると、相手の背後を取ったMF駒井善成に絶妙な浮き球パスを供給。相手GKの寸前で駒井がラストパスを出すと、FW興梠慎三が押し込んだ。リーグ得点ランク首位の興梠は、これが今季12ゴール目になった。

 さらに浦和は同45分、左サイドで相手ボールを奪ったMF関根貴大が柏木にパスを通すと、柏木はゴール正面で待つFW武藤雄樹にパス。武藤が右足シュートを放つと、ボールはゴールポストに当たってゴール内へ。浦和が前半終了間際の連続ゴールで、2点をリードして折り返した。

ズラタンの同点弾もアシスト

 しかし、リズムに乗れない浦和はあっさりとリードを手放してしまう。後半2分に広島は右サイドから攻撃を組み立てると、浦和は最終ラインのマークがルーズになりFW皆川佑介をゴール前でフリーにしてしまい1点を奪われた。さらに同9分、広島は前線3人の崩しで途中出場のMFアンデルソン・ロペスがGK西川周作との1対1を決めて2-2の同点に追いついた。

 浦和はFWラファエル・シルバを投入して興梠との2トップにシフトしたが、ゴール前のプレーに精度を欠いた。そして迎えた同27分、遠藤がボールを奪われたところから一気にカウンターを受けて、アンデルソン・ロペスにこの日2点目のゴールを奪われて2-3と逆転を許した。

 それでも浦和は同40分、中央に入り込んだ関根がワンタッチのスルーパスを出すと交代出場から1分のFWズラタンが豪快に蹴り込み3-3の同点に追いついた。そして後半アディショナルタイム、左サイドの低い位置でボールを持った関根がドリブルを開始すると一気に広島守備陣を切り裂いた。ゴール前を横切るように5人、6人とかわしていった関根はゴール前右サイドからシュートを叩き込み、4-3の逆転勝利を導いた。

 浦和はリーグ戦では5月14日のアルビレックス新潟戦以来の5試合ぶりの勝利。関根の一撃で勝ち点3を奪い取った。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/1(土) 21:18
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新