ここから本文です

【J1展望】C大阪‐FC東京|負傷欠場の清武の代役は水沼。古巣戦で結果を残せるか!?

7/1(土) 14:00配信

SOCCER DIGEST Web

C大阪――柏の結果次第で首位浮上の可能性も。

J1リーグ第17節
セレッソ大阪 – FC東京
7月2日(日)/19:00/キンチョウスタジアム
 
セレッソ大阪
今季成績(16節終了時):2位 勝点32 9勝5分2敗 30得点・14失点
 
【最新チーム事情】
●清武が前節の仙台戦(4-2)で、右ハムストリングを痛めて離脱(全治8週間)。
●清武の負傷を受け、水沼がレンタル元のFC東京戦で先発出場へ。
●FC東京に勝利すれば、首位・柏の結果次第で暫定1位に浮上する可能性も。
 
【担当記者の視点】
 前節の仙台戦は快勝したものの、清武が右ハムストリングを痛めて8週間の離脱となった。今季4度目の負傷に本人は「申し訳ない気持ち」とコメントする。その清武の代わりに先発しそうなのが、レンタル元のFC東京との対戦になる水沼だ。ここ数試合は調子を上げているだけに代役として十分に期待できる。
 
 柏と勝点2差で暫定2位に付けており(鹿島、G大阪、川崎、浦和は消化試合が1試合少ない)、今節勝利すれば首位浮上の可能性がある。勝点3を掴み同日に鹿島戦に臨む柏を抜きたい。

FC東京──CFのパフォーマンスが大きな鍵に。

J1リーグ第17節
セレッソ大阪 – FC東京
7月2日(日)/19:00/キンチョウスタジアム

FC東京
J1(16節終了時):8位 勝点24 7勝3分6敗 21得点・16失点
 
【最新チーム事情】
●前節はアウェーで磐田に0-2と敗戦。
●その磐田戦(6月25日)で大久保嘉人が負傷(右距骨骨挫傷、右脛腓靭帯損傷で全治約4~6週間)
●6月28日にルヴァンカップのプレーオフを広島と戦い、アウェーながら1-0と勝利。
 
【担当記者の視点】
 大久保嘉が負傷欠場するアウェーのC大阪戦は、ルヴァンカップの広島戦と同じく4-2-3-1システムで戦いそうだ。最終局面で重要な鍵となる最前線の前田もしくはP・ウタカのパフォーマンスが注目ポイントのひとつだろう。
 
 リーグ戦では2連敗中。優勝戦線に残るためには、このあたりで悪い流れを断ち切っておきたい。現在2位のC大阪を敵地で叩ければ、次節の鹿島戦に向けてもチームの士気は高まるはずだ。
 

最終更新:7/1(土) 14:00
SOCCER DIGEST Web