ここから本文です

「広島風はまだ食べていない」パトリックの移籍決定までの舞台裏と会見での昂ぶり

7/1(土) 7:30配信

SOCCER DIGEST Web

両サイドのタレントを活かすためにも絶対的な高さや強さを持つ選手を求めていた。

「好きな日本食は?」という質問が飛ぶと、顔をクシャクシャにして笑いながら、「納豆も生魚も大丈夫。好きなのは、お好み焼きと親子丼だね」

【写真記事】けやき坂46・影山優佳さんが選ぶ「サンフレッチェ歴代ベスト11」

 
 当然、広島メディアとしては聞かないといけない。
 「それは大阪風?それとも広島風?」
 
 2014年、ガンバ大阪を3冠に導いた立役者であるパトリックは、一瞬困ったような表情を浮かべた。
「それは、大阪のほうだね。実は広島のお好み焼きは食べたことがないんだ。でも、食べたらちゃんと感想は言うよ」
「お願いします」
 
 そう言うと、コーラスのバリトンパートが似合う声で、「はい」。日本語だった。
 
 記者会見での冒頭の挨拶も日本語で、いや広島弁で「こんにちは、パトリックです。ブチ、頑張るけん」。こういうちょっとした部分に人柄が表われる。
 
 深刻な得点力不足に悩む広島は、夏の移籍期間で前線の補強を第一の課題に設定。両サイドに君臨するミキッチ、柏好文というタレントを活かすためにも、絶対的な高さや強さを持つ選手を求めていた。
 
 当初は、欧州やオーストラリアも含むアジア枠の選手など、多くのタレントがリストに挙がっていた。その中にはJリーグでの経験が豊富で、甲府時代も含めて対広島戦では爆発的な力を発揮していたパトリックの名前も存在していたことは事実である。森保監督からも「パトリックの名前は出ていた」と足立修強化部長は言う。
 
 ただ、昨年10月に負った右膝前十字靱帯損傷という大怪我の影響がどうなのか。気になっていたのはここだ。6月17日のG大阪対神戸戦。パトリックは先発し、52分間しっかりと走り、プレーすることができた。
 
「あの試合のパフォーマンスを見て、いけると判断しましたね」
 
 そう考えた足立部長がパトリックの代理人と接触したのは6月20日。実はこの時、彼には他の複数クラブから具体的にオファーが舞い込んでいて、移籍クラブを決定する間際だったという。広島はギリギリだったのだ。
                             
「広島は数々のタイトルを獲ってきた、大きなクラブ。そういう素晴らしいクラブでプレーできることは本当に嬉しい」とパトリックは目を輝かせる。

1/2ページ

最終更新:7/1(土) 12:05
SOCCER DIGEST Web