ここから本文です

【J1展望】柏×鹿島|首位の柏が昨季王者を迎え撃つ。鍵はサイドの攻防にあり

7/1(土) 14:10配信

SOCCER DIGEST Web

柏――“キム・ボギョン効果”が早くも表れるか。

J1リーグ17節
柏レイソル-鹿島アントラーズ
7月2日(日)/18:30/日立柏サッカー場
 
柏レイソル
今季成績(16節終了時):1位 勝点34 11勝1分4敗 24得点・14失点
 
【最新チーム事情】
●6月30日、全北現代からキム・ボギョンが合流。Kリーグはシーズン中だったこともあり、「コンディションは非常に良い」と下平隆宏監督も太鼓判を押す。
●トレーニングでは攻守に分かれて細部に渡り戦術をチェック。鹿島との大一番に向け入念に準備した。
●甲府時代のJ初得点と柏移籍後の初得点を、鹿島から挙げている伊東は、昨季のホーム&アウェーの鹿島戦2試合で1得点・2アシスト。「良いイメージがある」とサイド攻略に自信を窺わせる。
 
【担当記者の視点】
 6月30日、キム・ボギョンが合流。出場は7月30日の仙台戦からとなるが、新戦力の加入は早くも現有戦力たちに大きな刺激を与えている。
 
 この韓国人MFとポジションを争うと見られる中川、伊東、武富は、定位置確保のために結果を強く意識。鹿島戦でのアピールに燃える2列目の選手を中心に、鋭いサイド攻撃を仕掛けられるかが、勝敗を分けるポイントとなる。チーム内競争をさらに活性化させる“キム・ボギョン効果”は、早くも結果となって表われるだろうか。
 
 また、前節の札幌戦で、途中出場から決勝ゴールを決めたD・オリヴェイラも調子を上げている。この助っ人FWの起用法にも注目したい。

鹿島――大岩アントラーズの真価が問われる一戦だ。

J1リーグ17節
柏レイソル-鹿島アントラーズ
7月2日(日)/18:30/日立柏サッカー場
 
鹿島アントラーズ
今季成績(15節終了時):3位 勝点30 10勝0分5敗 22得点・15失点
 
【最新チーム事情】
●6月30日は非公開で練習。柏との決戦を前に集中力を高めた。
●植田は前節・新潟戦で痛めた足首の状態が良くないため、先発は難しい状況だ。
●昌子は「昨年のアウェーの柏は強い相手だった。今年は勝てるように」と意欲。
 
【担当記者の視点】
 大岩アントラーズの真価が問われる一戦だ。
 
 監督就任から、ここまで3連勝。盤石の戦いぶりを見せているが、現在首位に立つ柏を相手に王者としてのプライドを見せつけられるか。
 
 左膝の怪我で離脱していたL・シルバが前節に復帰を果たすも、今度は植田の負傷欠場が濃厚で、戦力的な不安は拭えない。とはいえ、柏の勢いを上手くいなしながら、徐々にポゼッションを高めていき、相手の両サイドの裏に深く侵入する回数が増えれば、勝機は高まるはずだ。

最終更新:7/1(土) 14:11
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ