ここから本文です

【浦和】「ワールドクラスだ!」指揮官も絶賛。90+2分、関根が衝撃的な約50メートルのドリブル逆転弾を突き刺す

7/1(土) 21:17配信

SOCCER DIGEST Web

千葉、水本をかわして、4-3で大逆転!「あと一歩、あと一歩が続いて最後に決められた」

[J1 17節]浦和レッズ 4-3 サンフレッチェ広島/7月1日/埼玉スタジアム

 関根が伝説に残るようなドリブルシュートを突き刺し、チームの連敗を3で止めた――。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち

 3連敗中の両チームの状態を物語るように、ミスが続く展開に。前半、浦和は興梠、武藤のゴールで2点を先取。しかし後半、広島に反撃を許し、A・ロペスの2ゴールなど3点を奪われ逆転される。

 そこから再び浦和は猛攻を開始。李、R・シルバ、ズラタンとアタッカーを次々と投入すると、ズラタンのゴールで再び3-3に。

 迎えた90+2分、槙野のボール奪取から関根が左サイドのハーフライン付近でパスを受ける。関根はそのままボールを持って広島のゴール前へ進入。次々と相手をかわし、最後はゴール前を固めるDFの千葉、水本もかわして右足を振り抜き、見事4-3とするシュートを突き刺した。

 試合後、関根は「あと一歩、あと一歩(決まらないプレー)が続いたので、最後に決まって良かった。この勝利を無駄にしないためにも、次も勝ちたい」と喜んだ。

 ペトロヴィッチ監督は試合後の記者会見で関根のゴールについて、「コメントする必要がない。ワールドクラスのゴールだ」と珍しく絶賛した。

「俺が来たから(笑)」と語った先輩の原口元気が見守るなかで見せた成長した姿。何よりも気持ちのこもった一撃だった。浦和で語り継がれるビッグプレーのひとつとなりそうだ。

 取材・文:塚越始(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:7/2(日) 9:20
SOCCER DIGEST Web