ここから本文です

ドラマ「銀魂 -ミツバ篇-」予告編に大反響! 迫真の殺陣シーンから火を吹く小栗旬まで“ミツバ篇”の名シーンが満載

7/1(土) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 7月15日(土)から配信されるdTVオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」の予告編が公開された。根強い支持を受けるストーリーの映像化とあって「映画も楽しみだけどドラマも超観たい!」「予告編の時点で泣いてる俺がいるんですけど」と大きな反響が起こっている。

 同作は全3話で制作されたもので、映画「銀魂」を手掛ける福田雄一が脚本と監督を担当している。キャストも坂田銀時役の小栗旬をはじめ土方役の柳楽優弥、沖田役の吉沢亮ら映画版の出演者が揃い、キーキャラクターとなる沖田の姉・ミツバを北乃きいが演じている。

 公開された予告編では、銀時がパフェにドクロマークのソースをかけられ口から炎を吹き出し、激辛せんべいを食べた土方も同じように炎を吐くといったコミカルなシーンからスタート。沖田が同胞である真選組メンバーにバズーカ砲を放つ場面もあり、原作の持ち味でもあるコメディ要素を取り込んだ映像に「ドラマ版も銀魂らしいボケがちゃんとあって安心したwww」「銀魂のこういう悪ノリ大好きだから嬉しい!」とファンも興奮。

 続けて沖田の「姉上がいよいよ結婚ですか」というセリフから落ち着いたトーンに。沖田姉弟の回想やミツバが病に伏せる姿が映し出され、沖田が目に涙を浮かばせながら「死ぬ前に、一時でも人並みの幸せを味わわせてやりたい」とつぶやくシーンも。真選組が敵陣に斬り込む大掛かりなアクションシーンも披露し、福田監督は「本篇とは全くテイストの違うアクション。いわゆるアクロバティックなものではなく、男臭い斬り合いがメインになっています」と語っている。今回の映像に「沖田役の吉沢くんの涙目の破壊力がハンパない」「まだ予告編なのに柳楽優弥のセリフに涙が止まらないよ」「沖田姉弟の深い愛情がしっかり描かれててヤバイ」「こんな予告見せられたらdTVと契約するしかないじゃないか」といった反応が相次いでいる。

 映画版と同時進行で撮影されたという同作。ぜひ映画本編と一緒に楽しんでほしい。

■dTVオリジナルドラマ「銀魂 -ミツバ篇-」
出演:小栗旬 柳楽優弥 吉沢亮 北乃きい / 中村勘九郎 ほか
脚本/監督:福田雄一(ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ)
原作:空知英秋「銀魂」(週刊少年ジャンプ連載中/既刊68巻)
主題歌: UVERworld「DECIDED」(Sony Music Records)
配信開始日/話数:7月15日(土)0:00~ / 全3話(全話一挙配信)
(C)空知英秋/集英社(C)2017映画「銀魂」製作委員会(C)2017 dTV
公式ページ:https://pc.video.dmkt-sp.jp/ft/s0000669

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい