ここから本文です

豊田代議士、あまりに惨い「お前の娘が通り魔に強姦されて…」暴言

7/1(土) 8:01配信

デイリー新潮

「ハゲ」「キチガイ」といった暴言、暴行、ミュージカル調のイビリ……豊田真由子代議士(42)の政策秘書男性(55)への暴挙は、これに留まらなかった。

 ***

 極め付きは、次のあまりに惨(むご)い「強姦通り魔たとえ話」だ。豊田氏は政策秘書に、ノーマル口調、学芸会セリフ調、そしてミュージカル調を使い分け、こう凄んだのだ。

 まず冷酷な口調で、

「お前の娘がさ、通り魔に強姦されてさ、死んだと。いや犯すつもりはなかったんです、合意の上です、殺すつもりはなかったんですと。腹立たない?」

 こうとんでもない話を持ち出し、次に学芸会セリフ調で、

「(政策秘書の)娘が、顔がグシャグシャになって頭がグシャグシャ、脳味噌飛び出て、車に轢き殺されても……」

 と、つないだ上で、

♪ そんなつもりがなかったんですーーー

 で、済むと思ってんなら同じこと言い続けろ~~~~~

 実際、政策秘書には20代の令嬢がいる。豊田氏は国会議員である以前に、人として問題ありと言わざるを得ない。ちなみに、豊田氏にも小学校2年生の娘がいる。

■「死ねば?」

 この他にも彼女は政策秘書に、

「お前らは白痴か!」

「うん、死ねば?  生きてる価値ないだろ、もうお前とか」

 とまで、言い放っている。

 政策秘書が改めて語る。

「自民党は人材を総合的に吟味し、適切な候補者を再発掘すべきだと思います。秘書の人権を守る公的なセーフティネット構築のためにも、今回の件をうやむやにすることはできません。警察に被害届を出します」

 当の豊田氏に、埼玉県内のレストランから出てきたところで取材趣旨を告げると、再びレストランに引き返し、店内に籠城。政策秘書を殴り、罵倒した「威勢」はどこへやら、だんまりを決め込んだのだ。

 なお後日、豊田事務所は書面で、暴行について〈手をあげてしまった〉と表現し、〈お見舞い金〉という金銭での解決を目指しているとした上で、

〈「お前の娘が通り魔に強姦されて死んだらどうする」といったような発言はしておりません〉

 と、録音内容を否定するさらなる暴挙に出たのだった。

 甲南大法科大学院の園田寿教授(刑法)が言う。

「怪我をされて診断書も取っているのであれば、殴るという行為は15年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科される傷害罪が成立します。国会議員が関わる重大な事件として、警察は被害届を受理し、捜査することになるでしょう。パワハラが社会問題になっているなか、国政を担う人物がこのような犯罪行為に関わっていたとなれば大問題です」

 果たして豊田氏は、今後も議員を続ける「つもり」なのだろうか。

 ***

特集「被害者が捨て身で現場『音声データ』録音!  秘書数十人を遁走させた驚愕の『絶叫暴言』『暴行傷害』 『豊田真由子』その女代議士、凶暴につき」より

「週刊新潮」2017年6月29日号 掲載

新潮社

最終更新:7/19(水) 17:29
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。