ここから本文です

「弁当専用ノート」「ネイル専用ノート」って何? 面白ノート大集合

7/1(土) 7:00配信

日経トレンディネット

 前回(「昼寝専用スピーカー枕?ワザアリ雑貨が大集合」)に引き続き、東京ビッグサイトで2017年6月14~16日に開催された「インテリアライフスタイル Tokyo」の会場で見つけた面白い雑貨を紹介する。今回の見本市で目立っていたのが、面白いノートやファイルなどの紙製品文房具だ。また、「東京おもちゃショー」同様に、ロングセラー文具を見直して進化させた製品も目に付いた。

【関連画像】弁当専用ノートは、卓上カレンダー風。日々の栄養の偏り、食材や料理のかぶりが防げる。これは試作品

●開くと1枚の紙として使えるノート

 紙製品で面白かったのは、大成紙器製作所の「PAD NOTE」だ。このノートはA4、またはA3の紙を二つ折りにして背の部分だけがのりでとじられているもの。ノートとしてのサイズはA5とA4になるのだが、A4やA3の紙が折り畳まれてとじられたレポートパッドと考えたほうがよいかもしれない。つまり、見開きで使ったときに1枚の紙になっているわけで、のどの部分を気にせず書けるのだ。この発想は面白い。

弁当専用、ネイル専用のノートって何?

 あらかじめ用途を設定し、その用途に則した罫線やデザインを施したノートが、マルマンの「BODONI」シリーズ。これは今回初めてお披露目となった新製品で、まだプロトタイプでの展示だった。発売がほぼ決定しているのは2種類のビジネス用ノート「Record」「Sort」。その他にネイル専用ノート、ヘアメイク専用ノート、弁当専用ノートなど、それぞれ中だけでなく、判型や製本なども異なるもので、本当に専門分野に特化してデザインを徹底しているのは面白い。発売が待ち遠しいシリーズだ。

金属と紙の組み合わせは無限大!?

 FLEXNOTEの「UPWARD NOTEBOOK」は、着脱できるリフィルとサイズ違いの表紙を組み合わせる形で、好きなノートを組み上げるもの。例えば、リングが7つ付いたバインダーの左3つにカレンダーのリフィルを装着し、右の4つに方眼罫のリフィルを付けるといった使い方が可能。バインダーはアルミのリングが7つ、4つ、3つの3タイプがあり、縦にも横にも使える。リフィルは横罫、方眼罫、スケジュール、リストがある。

 金属の素材感を生かした製品作りを行う三松コーポレーションのブースで見つけたのは、金属の表紙のノート「Flow Ring Notebook」と、金属加工技術を生かしたペンスタンド「Flow Pen Holder」。厳重に保護したい何かが書かれているような佇まいのFlow Ring Notebookは金属の質感がとても良く、単に「表紙を金属にしました」というだけにとどまらない、紙と金属のコントラストの面白さを感じた。Flow Pen Holderはペンを乗せたときの不思議な浮遊感が楽しい製品。

1/2ページ