ここから本文です

アップルが新OSの評価版を無償公開 iPhoneとMac用

7/1(土) 7:00配信

日経トレンディネット

 アップルが、今秋にリリースする新OSの評価版(パブリックベータ)を相次いで公開した。iPhoneやiPadで使える「iOS 11」と、Macで使える「macOS High Sierra」の2種類。いずれも、簡単な登録をすれば誰でも無料でダウンロードして試用できるので、次世代OSをいち早く体験したい人は注目できる。

【関連画像】アプリストアのApp Storeはレイアウトを全面刷新。スタッフがお薦めする「本日のアプリ」が大きくなって存在感が増した

 iOS 11は、アプリが入手できるApp Storeのデザインが大幅に見直され、スタッフのお薦めアプリを中心とした構成に変更。画面の明るさや音量を変更したり、プレー中の音楽を操作するコントロールセンターもデザインを一新し、1画面でさまざまな操作ができるようにした。写真と同時にショートムービーを撮影できるLive Photosは、ムービーのループや逆再生、長時間露光などのユニークな再生ができるようになった。Apple Payは、個人間の送金にも対応したのが注目される(日本で利用できるかどうかは不明)。

 iOS 11では、特にiPadで大幅な機能強化が図られる。macOSのような「ドック」を新たに備え、よく使うアプリを登録して素早く起動できるようになったほか、ドックのアイコンをドラッグ&ドロップすることで簡単に2画面で起動できるようになった。ファイル管理機能「Files」を新たに搭載し、異なるアプリ間やクラウドストレージでファイルのやり取りが容易になった。全体に、パソコンに近い使い勝手が得られる改良となる。ロック画面でApple Pencilをタッチするとメモアプリが起動し、素早くメモを取れる機能も新たに追加される。

 macOSは、ファイルシステムを変更してパフォーマンスを高めたほか、Safariは動作を軽快にした。写真のソフトも改良し、画像編集機能や人物の自動分類機能が強化されている。

 いずれも、ふだんiPhoneやMacで利用しているApple IDで「Apple Beta Software Program」にログインし、登録することで利用できる。ただ、パブリックベータは開発中のバージョンであり、細かなバグ(不具合)が残っている場合がある。また、アプリがパブリックベータに対応していないケースもあり、利用しているアプリが動作しなくなる場合もある。日ごろの利用に支障をきたさないよう、パブリックベータはメインで使っているiPhoneやiPad、Macに導入するのは控え、ふだん使っていない別の機材に導入するのがよい。

(文/磯 修=日経トレンディネット)