ここから本文です

複数パソコンを自在に行き来 マウス新ソフトに感激

7/2(日) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 僕はロジクールの高性能マウス「MX MASTER」を愛用している。そのマイナーチェンジモデル「MX MASTER 2S」が登場した。

 MX MASTERは、もう2年ほど利用していて、これ以上のマウスはもう現れないのではないかと思っている。実際、今回の新モデルはマイナーチェンジにとどまっていて、本体はMX MASTERとほぼ同じだ。既に十分な数のボタンやホイールを搭載しているので、これ以上は機能が増えても使いこなせないだろうと思う。長年マウスを作り続けてきたメーカーのトップエンドモデルだけに、大きく形を変える必要がないほど完成しているのだ。

 では何が変わったのか。一番の違いはアプリだった。

■「ロジクールFLOW」がすごすぎる

 今回の新マウス登場に合わせてリリースされたのが、新機能「ロジクールFLOW」だ。専用アプリをパソコンにインストールすると使用できる機能で、新登場のマウスに加え、一部のキーボードも対応している。

 以前からロジクールの上位モデルのマウスでは、3台までのパソコンと接続できるようになっていて、操作するパソコンをボタンで切り替えることができた。例えば、机の上にデスクトップとノートパソコンが置いてあっても、マウスは1台でOKだったわけだ。自宅用とモバイル用など複数のパソコンを使うにはとても便利だ。

 ところがロジクールFLOWでは、この切り替えさえいらない。マルチモニターを利用しているときのように、一方のパソコンに表示されているマウスポインターを隣のパソコンの方に動かしていくと、隣のパソコンの画面にポインターが移動し、自動的に操作できるパソコンが切り替わるのだ。しかも、対応するキーボードを使っていれば、キーボードも同時に切り替わる。

 驚くべきは、WindowsパソコンとMacの両方に対応していること。Windowsの画面上でマウスポインターを動かしていくとMacに切り替わり、そのまま使えてしまう。

 さらに、クリップボードも共有できる。Windowsパソコンでコピーした画像をMacに貼り付けられる……何と便利なのだろう。しばらく使っているのだが、もうこの便利さには脱帽するしかない。複数のパソコンを使っているユーザーには無条件でおすすめしたい。

 僕は今年、デスクトップのMacを買い換える予定だ。Windowsのデスクトップが2台あるので、都合3台の環境だが、これを1つのマウスで操作できてしまうのだから素晴らしい。キーボードも1つにできれば言うことなしなのだが、残念ながら原稿を書くメインマシンは東プレ製キーボードから逃れられそうにないので、残り2台を1つのキーボードで使えるようにするつもりだ。

1/2ページ

最終更新:7/2(日) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。