ここから本文です

「青春18きっぷ」を使って乗りたい「東北の絶景路線」5選

7/2(日) 12:30配信

マネーポストWEB

 まもなく待ちに待った「青春18きっぷ」のシーズンがやって来る(発売期間:7月1日~8月31日。利用期間:7月20日~9月10日)。「青春18きっぷ」は、北は北海道から南は九州まで、1日あたり2370円でJRの普通列車が乗り放題。今年の夏は、ぜひ「青春18きっぷ」で鉄道旅行に出かけてみませんか? けれども「どの列車に乗ったらいいか分からない」という方も多いはず。そこで今回は、「青春18きっぷ」をこれまで100回以上利用し、日本全国のJR線をほぼ乗り尽くした鉄道旅行マニアの男性(40代)が、東北の絶景路線を5線紹介します。

【五能線(東能代~川部)】
「ローカル線は日本全国を走っていますが、鉄道ファンの間でトップクラスの人気を誇るのがこの五能線です。列車は日本海の海岸線を延々と走り、波が穏やかな日には、海底まで見えるクリアな海を車中から楽しむことができます。

 臨時快速『リゾートしらかみ』は、18きっぷで乗れる観光列車(別途指定席券520円が必要)。沿線には世界遺産の白神山地もあり、海と山の両方の自然と幸を楽しむことができます」

【大湊線(野辺地~大湊)】

「大湊線は、青森県の2つの半島の“右側”、下北半島を陸奥湾沿いに北上する路線です。車窓には穏やかな陸奥湾の景色が広がり、寂しげな海岸線を進む様子はいかにもローカル線。“何もない贅沢”を味わうことができるでしょう。

 大湊線は58.4kmという“盲腸路線”ですが、11駅しかないので終点まで1時間程度で到着します。終点の大湊からは霊場・恐山もすぐ。ここまで来たなら、本州最北端にしてマグロの名所・大間まで足を伸ばしたいところです」

【仙石線(仙台~石巻)】

「仙石線は、仙台圏在住者にとっては“日常の足”ですが、同線からは日本三景のひとつである松島を楽しむことができます。車両は通勤型のロングシートですが、列車から降りずに絶景を堪能できるのは大きな魅力でしょう。

1/2ページ

最終更新:7/4(火) 12:50
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。

Yahoo!ニュースからのお知らせ