ここから本文です

太賀、“当たり役”山岸にモデルがいることを告白!

7/2(日) 21:11配信

ザテレビジョン

7月2日より、Huluにて配信がスタートするオリジナル連続ドラマ「山岸ですがなにか」。同ドラマで、主人公・山岸ひろむを演じた太賀が取材に応じ、撮影の様子や役どころへの思いなどを語った。

【写真を見る】太賀も思わず笑ってしまった、山岸独特の“Hulu”の発音に注目!

2016年に日本テレビ系にて放送されたドラマ「ゆとりですがなにか」で、岡田将生演じる坂間の後輩として登場した山岸は、超マイペースな言動で周囲を困惑させる“ゆとりモンスター”。その強烈なインパクトで、放送当時から大きな話題を集めていた。

7月2日、9日(日)に放送される「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」(日本テレビ系)でも大活躍(?)する山岸が、今作で満を持して主人公に! 本家「ゆとりですがなにか」とパラレルな世界観のドラマ制作現場を舞台に、山岸とドラマAP・須藤冬美(佐津川愛美)による独特の恋物語が描かれる。

今回のドラマが決まった際の感想を聞かれた太賀は、「マネジャーさんから『山岸が主人公で(「ゆとり~」の)スピンオフドラマをやるかも』と聞いた時は『え~っ?』て思って(笑)。企画からして『これで大丈夫なのかな?』というのもありましたし、まだ決まったわけでは無かったので(半信半疑だった)。

その後、台本が届いて、ページをめくって“脚本・宮藤官九郎”とか出ているのを見て『本当にやるんだ』と思って…。最初は現実味がなかったんですけど、徐々に喜びが沸き上がってきました。うれしかったですね」と率直な思いを告白。

一年ぶりに山岸という強烈な役どころを演じることになったが、「最初は本編(ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編)の撮影から始まって、そこから徐々に『山岸~』の撮影に移行していったんですが、なかなかあの頃の感覚を取り戻すのが難しかったです」と、異様なテンションの山岸を演じる苦労を明かした。

連続ドラマの放送時の反響を聞かれると、「面白がってくれていたと思うんですけど、僕がどこで、何を発言しても(周囲に)イラつかれるんです。『うわ、山岸出た~!』みたいな(笑)。そんなつもりは全くなくて、シリアスな話をしていても、やっぱりそういう風に捉えられてしまうっていうのはありましたね。

朝撮影現場でニコニコしながら『おはようございます!』って言うだけでも、枝見(洋子)プロデューサーから『ムカつく』って言われたり(笑)。そんな感じで、山岸のせいで(本心を)信じてもらえない日々が続きましたね」(太賀)と、山岸という役どころによってまさかの被害が生じていたことを暴露。

一方で、「この作品をやる前と後では、反響が違いましたし、そういう意味で自分を引っ張ってくれた役だと思うんですよね。あの時この役をやっていなかったら今とは違う状況でしょうし、転機になった作品なのかなと思います」(太賀)と、役柄への思い入れを語った。

そんな山岸と自身の共通点については、「最初に台本を読んだ時の印象は『とんでもないヤツだな』という感じだったんですが、読み込んで理解していくうちに『わりと近いかも』と思う時もあって。具体的には難しいんですけど、掘り下げていくとどこかぶつかるところがあるような気はしましたね」と分析。

また「演じているうちに『あ、こういう要素があったからこの役をやってるんだろうな』と気づいたというか。そういうことも見据えて宮藤さんは脚本を書いているんだな~と思うと、宮藤さんに本質を見られているようでちょっと怖くなったりもしました(笑)」と、脚本を務めた宮藤の観察眼に敬服していた。

連続ドラマで名言を連発していた山岸だが、今回のドラマで気に入っているせりふについては「Huluのことを“フルー”って言い続けるくだりがあるんですが、その短い言葉の中に、ものすごいインパクトと破壊力があるなと思って(笑)。

見終わった後に『フルーって…』と尾を引く感じはありますね。なぜそう読んでしまったのか、それに疑いが無かったのかという…」と、本作でも健在の“山岸語録”をアピールした。

今作では佐津川演じる冬美とのラブシーンにも注目だが、「思いっきりラブに振った方が面白いぞって思っていたので、山岸なりの愛情表現をしたかったんですけど、笑いながらやっちゃったりとか…。なかなか難しかったですね。

『ここはちゃんと誠実に行くべきなのか? いや待てよ、山岸だからもっと違う言い方があるよな…』っていう、一筋縄ではいかない愛情表現を形にしていくのはやりがいありましたね」と振り返る。

共演した佐津川の印象については「(僕自身)山岸っていう存在にあぐらをかいていたなと思って。と言うのも、佐津川さんがあまりにも面白いので、『やばい、山岸の存在感が無くなっちゃう!』と思って焦った部分もあったんです。

そこは芝居を通してのコミュニケーションで、相乗効果で何とか形になったのかなと思いますが、助けられた部分もいっぱいありました。(佐津川演じる)冬美が“大ボケ”だったので、そこにツッコミをする山岸という新しい要素も(生まれました)」と、佐津川が山岸の新たな魅力を引き出したことを強調した。

ドラマでは、「“山岸”役を誰が演じるか」という会話があり、その中で実在の俳優の名前が登場。そのシーンについて、太賀は「僕も台本を読んで『ウソだろ?』と思いました(笑)。

僕という俳優をすごくいじり倒されているなって感じがありましたし、痛いところを突いてるし、納得している部分もすごくあるし…。『これは(山岸役にふさわしいとして名前が挙がった)本人たちはどういうふうに受け取るんだろう?』と思いましたね。

菅田将暉の(名前が挙がる)くだりは、すぐ本人に連絡しました(笑)。『おまえの名前出てくるんだけど、ちょっとヤバいかも…』みたいなことは言っていて。それに対して菅田は『やっぱ「ゆとりですがなにか」さすがやな』みたいな感じでしたね(笑)」と、意外なエピソードを語った。

太賀自身のゆとりエピソードを聞かれると、「たくさんあると思うんですけど…枝見さんが良く知ってると思います!」と、番組プロデューサーへコメントを求める場面も。

すると枝見Pは「山岸とは違うんですけど、自分が冗談を言った時に、周りの反応がないと、すごくそれに対して敏感になりますね」とまさかの返答。身内からの思わぬ暴露に、「ゆとりというか、気が弱いのがバレちゃう!」とツッコミを入れた。

その後も「なかなか思いつかない」と言っていた太賀だったが、「わりと遅刻しがちで、遅刻した時はもちろん謝りますけど、『遅刻してませんよ』的な空気は出したりしますね」と正直に明かし、笑いを誘っていた。

そんな中、「周囲に山岸のような存在は?」という記者からの質問には「いたんですよ! 山岸はその子をわりと忠実に表現したつもりで。かなりヒントになったというか、観察していて良かったなと思いました」と驚きの告白。

続けて「具体的に言うと、何でか分からないんですけど常にニコニコ笑ってる、みたいな。自分の話してる言葉のトーンと場の空気が合ってないけど、関係なく喋り続けるところとか、山岸の“厚顔無恥”なニュアンスはその子からもらった感じはしますね」と、役作りの参考にしたことを明かした。

また、「その子に『実は山岸って役は、おまえから結構ヒントもらったんだよね』ってことを伝えたんですけど、本人は『どこが僕なんですか?』って全く理解してなかったですね(笑)。そういう客観性が欠けているところもいいな~と思いました」と、モデルの人物の「山岸らしさ」を絶賛した。

最終更新:7/2(日) 22:59
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ