ここから本文です

村上世彰×堀江貴文 初対談 #1「あの一言で僕は堀江を好きになったんだ」

7/2(日) 11:00配信

文春オンライン

 村上世彰と堀江貴文――。意外なことにメディア上での対談は初めてだという。日本の常識に反旗を翻し、風穴を開けてきたふたりが、あの頃と今を語り合う。村上氏は『生涯投資家』(文藝春秋)、堀江氏は『多動力』(幻冬舎)を出版したばかり。顔を合わせたふたりは、挨拶もそこそこに、「出版におけるAIの活用」について話し始めた。

AIで本を作れるか

村上 いきなりだけど、本作りのAIってどうなってるの? 堀江がしゃべったことをデータベース化して本にまとめたり、そこから売れた、売れないを分析してさらに進化するという話だっけ?

堀江 ちょっと待ってください。村上さんの中でAIというのが魔法の箱になっているみたいなんで、そこの技術的理解を進めないと(笑)。最近、なんでこんなにAI、AIと言われているかというと、ディープラーニング、日本語で言えば深層学習がものすごく進化して、人間のニューラルネットワークを模したコンピュータのアルゴリズムが試行錯誤しながら学習するようになったから。例えば今、Googleの翻訳はかなり正確になっていますよね。それはディープラーニングの成果です。

村上 なるほど。そのAIで本を作れるの? クリエイティビティが要るよね。

堀江 オリジナルのクリエイティブをアウトプットするのは得意分野ではないですよね、今のところは。でも、例えば星新一のショートショートみたいな小説はできると思いますよ。似たようなストーリーが多いから、その膨大なデータを与えれば同じようなアウトプットはできますよね。

村上 なるほど。今回、本を書いてみて思ったけど、これをどうやって構成していくかってグチャグチャ考えるのは大変で。AIがやってくれたほうが楽だなと。

堀江 そこの部分はちょっと難しいかもしれない。本を作る過程でAIを導入するなら、まず文字起こしですよね。AIを使った音声認識のAPIを使えば簡単にできます。校正も得意分野だと思うし、僕風の表現に変えるのも得意かもしれない。でも、構成は人間がやればいい。

1/3ページ

最終更新:7/4(火) 16:06
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

世の中を驚かせるスクープから、
毎日の仕事や生活に役立つ話題まで、
"文春"発のニュースサイトです。