ここから本文です

ツール・ド・フランス開幕! 初日の個人TTはトーマスが初優勝

7/2(日) 9:18配信

CYCLE SPORTS.jp

期待のトニー・マルティンは4位

第104回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)が、7月1日にドイツのデュッセルドルフで開幕した。初日は雨天のライン川沿いで14kmの個人タイムトライアルが競われ、英国のゲラント・トーマス(チームスカイ)が平均時速52.282km/hの16分04秒で区間初優勝し、今年最初のマイヨ・ジョーヌを獲得した。32歳のトーマスは、これがグランツールでは初めての勝利だった。

区間2位には5秒遅れでスイスTTチャンピオンのシュテファン・キュンク(BMCレーシングチーム)が入り、新人賞のマイヨ・ブランを獲得した。母国ドイツで開幕したツール・ド・フランスでの優勝を期待されていたTT世界チャンピオンのトニー・マルティン(チームカチューシャ・アルペシン)は8秒遅れの区間4位でレースを終えた。

第1ステージは198選手が出走したが、終日雨に見舞われて落車が続発。スペインのアレハンドロ・バルベルデ(モビスターチーム)とヨン・イサギレ(バーレーン・メリダ)が途中リタイアした。

■初日のTTを制してマイヨ・ジョーヌに袖を通したトーマスのコメント
「僕は10歳でツール・ド・フランスを観て自転車レースを始めた。黄色いジャージを着てカメラの向かい側にいること、それは夢だ。チームスカイはとても強い。キリエンカは世界チャンピオンだったし、フルームも好調なところを見せた。僕たちにとって素晴らしい日だ」

■第1ステージ結果[7月1日/デュッセルドルフ~デュッセルドルフ(ドイツ)/14km]
1 ゲラント・トーマス(チームスカイ/英国)16分04秒
2 シュテファン・キュンク(BMCレーシングチーム/スイス)+5秒
3 ヴァシル・キリエンカ(チームスカイ/ベラルーシ)+7秒
4 トニー・マルティン(チームカチューシャ・アルペシン/ドイツ)+8秒
5 マッテーオ・トレンティン(クイックステップフロアーズ/イタリア)+10秒
6 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+12秒
7 ヨス・ファンエムデン(チームロットNL・ユンボ/オランダ)+15秒
8 ミハウ・クフィアトコフスキー(チームスカイ/ポーランド)+15秒
9 マルセル・キッテル(クイックステップフロアーズ/ドイツ)+16秒
10 エドワルド・ボアッソンハーゲン(チームディメンションデータ/ノルウェー)+16秒

16 マイケル・マシューズ(チームサンウェブ/オーストラリア)+20秒
18 ペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)+25秒
21 フィリップ・ジルベール(クイックステップフロアーズ/ベルギー)+30秒
49 リッチー・ポート(BMCレーシングチーム/オーストラリア)+47秒
53 ナイロ・キンタナ(モビスターチーム/コロンビア)+48秒
60 ティボ・ピノー(FDJ/フランス)+50秒
63 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+51秒
66 ファビオ・アルー(アスタナプロチーム/イタリア)+52秒
68 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード/スペイン)+54秒
175 新城幸也(バーレーン・メリダ/日本)+1分46秒
[各賞]
■ポイント賞(マイヨ・ベール):ゲラント・トーマス(チームスカイ/英国)
■新人賞(マイヨ・ブラン):シュテファン・キュンク(BMCレーシングチーム/スイス)
■チーム成績:チームスカイ(英国)

最終更新:7/2(日) 9:18
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円