ここから本文です

逆境でこそ問われる監督の資質。シメオネ、最大のチーム力を引き出すモチベート術

7/2(日) 9:00配信

フットボールチャンネル

 フットボールチャンネルの次世代サッカー情報番組『F.Chan TV』。第54回に、実況アナウンサーの倉敷保雄氏、解説者の玉乃淳氏がゲストとして登場した。

 番組では、6月20日にカンゼンから発売されたアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督の自叙伝『信念~己に勝ち続けるという挑戦~』の発売を記念し、前週に引き続いて同監督を特集。今回は、熱き“闘将”が贈る珠玉の言葉を紹介した。

 「我々がチャンピオンになれると信じていない人間は、スタジアムに来ないでほしい」。

 これは、エストゥディアンテス(アルゼンチン)を率いていた当時、最終節を首位のボカ・ジュニアーズから勝ち点3差の2位で迎えた際に、シメオネ監督が記者会見で放った一言である。自らの勝利を信じることができなければ、奇跡は起きないという意味だが、実際にこの言葉を受けた選手たちは最終節を1-0で勝利すると、その裏でボカ・ジュニアーズが敗れたため奇跡的な逆転優勝を遂げた。

 倉敷氏は、中継する試合を通して「これは良い言葉をもらって入ってきたな」ということを感じる時があるそう。

 「だいたい、出てきた瞬間から『今日は違うな』と。ドレスルームで監督が何を選手に話して、選手がそれをどれだけ感じて出てきたのかなということが気になる。これは必ず良い言葉を言われた人たちがここに出てきたんだろうなと感じる試合は何試合もあるので、監督の言葉って重要だと思いますね」

 シメオネは『信念』で「監督の資質は、自グループを管理するため、各選手の力を最大限引き出すために、 どのような仕事を実現していくかという方法にある」と述べている。グループの力を引き出すというその能力こそ、まさしくシメオネの真骨頂と言えるだろう。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)