ここから本文です

米最年長イチロー、43歳のハッスル美技に最大級の賛辞「年齢に騙されてはいけない」

7/2(日) 12:05配信

THE ANSWER

米最年長43歳の美技にやまない称賛「イチローにできないことなんてあるのか?」

 43歳にしてメジャー最年長選手となったマーリンズのイチロー外野手。ブレーブスが6月29日に44歳のバートロ・コローン投手を戦力外にしたため、メジャー最年長の野手だった背番号51は繰り上がった格好となった。しかし、その日の試合で年齢を感じさせないスーパープレーを披露したイチローに対し、米メディアは「年齢に騙されてはいけない」と最大級の賛辞。球団公式ツイッターは「イチローができないことなんてあるのか?」と動画付きで紹介している。

【動画】本当に43歳? 猛ダッシュのち猛スライディング…球団公式ツイッターが紹介したイチローの“スーパーキャッチ”

「必見、イチローがメッツ戦でスライディングキャッチを決める」と特集したのは、地元紙「パームビーチ・ポスト」だ。

 イチローは29日にマーリンズパークで行われたメッツ戦で「7番・左翼」で先発した。バットでは4打席ヒットなしと快音は聞かれなかったが、スタンドを大いに沸かせたのは華麗な守備だった。

 6回1死走者なしの場面でドラマが起きた。

 レイエスの高々と上がった左翼ファウルグラウンドへのフライにメジャー17年目の男が猛ダッシュ。衰え知らずの韋駄天ぶりで打球に追いつくと、逆シングルで華麗なスライディングキャッチを決めた。砂塵を巻き起こし、ユニホームのパンツを真っ黒にしたスーパープレーに、本拠地のスタンドは大興奮。「イチロー」コールで美技を称えていた。

「メジャーリーグ選手であり続けるために十分過ぎるガッツを未だに維持している」

 記事では、大ベテランのハッスルプレーを高く評価している。

「年齢に騙されてはいけない。43歳の若さで、イチロー・スズキはメジャーリーグ選手であり続けるために十分過ぎるガッツを未だに維持しているのだ」

 さらに、記事ではマーリンズの公式ツイッターのスーパープレーを紹介した動画を「イチローができないことなんてあるのか?」というメッセージとともに伝えた。

 マリナーズでのメジャー上陸1年目の2001年シーズンから10年連続でゴールデングラブ賞を受賞した達人は17年目のシーズンでも昔と変わらない鉄壁の守備でアメリカの称賛を受けている。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:7/2(日) 12:10
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。