ここから本文です

アーセナルが仏代表FW獲得へ レアルに対抗、サッカー史上最高160億円オファー準備

7/2(日) 12:20配信

Football ZONE web

合意寸前のラカゼットに続き、フランスの新星ムバッペ獲得に動く可能性浮上と英紙

 アーセナルはクラブ史上最高額の移籍金で、リヨンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット獲得が合意寸前に迫っていると言われている。そんななか、さらなる大金を投じてモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペ獲得に動く可能性が浮上した。英紙「デイリー・ミラー」がサッカー史上最高額を大きく超える1億2500万ポンド(約160億円)のオファーを準備すると報じた。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 アーセナルはすでにラカゼットと合意寸前と報じられ、その移籍金は2013年にレアル・マドリードから獲得したドイツ代表MFメスト・エジルの4240万ポンド(約62億円)を超えるとされている。

 しかし、2016-17年シーズンにプレミアリーグ5位に終わり、19年間続いたUEFAチャンピオンズリーグの連続出場が途絶えたガナーズ(アーセナルの愛称)は、さらなる大型補強でフランスの超新星まで手中に収めようとしているという。

 記事によれば、アーセン・ベンゲル監督率いるアーセナルは今週中にもムバッペ獲得へ1億2500万ポンドのオファーを出すという。スペインの名門レアル・マドリードもフロレンティーノ・ペレス会長自ら交渉を行ったとされるが、それに対抗してサッカー史上最高額の移籍金を投じる構えだ。

父親はレギュラー入り有力なアーセナル派!?

 記事では、鍵となるのはムバッペが出場機会を得られるかどうかにかかっているとしている。同選手の父ウィルフリード氏は息子に対し、レアルへ移籍した場合はトップチームでの出場機会が限られると忠告。アーセナルであればレギュラーのファーストチョイスになれるだろうと話したという。

 今夏の移籍市場で最大の目玉とされるムバッペ。モナコ残留か、それとも新天地を求めるのか。激しい争奪戦の行方には今後も注目が集まりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/2(日) 12:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新