ここから本文です

【J1採点&寸評】仙台2-3G大阪|浪速の雄が勝負強さを発揮!MOMは中盤のダイナモ

7/2(日) 8:00配信

SOCCER DIGEST Web

仙台――ポゼッションを高めて同点に追いついたが…。

[J1リーグ17節]仙台2-3G大阪/7月1日/ユアテックスタジアム仙台
 
【チーム採点・寸評】
仙台 6
序盤は劣勢に立たされたが、徐々にポゼッションを高めて主導権を握り、相手を押し込んだ。そこから同点に追いついたが、セットプレーから失点。勝負弱さを露呈した。
 
【仙台|採点・寸評】
GK
1 シュミット・ダニエル 5
どの失点も味方DFとの連係で防ぎたかった。打ち合いの試合はGKのファインセーブが勝敗を分けるものだが……。
 
DF
27 大岩一貴 6
ボール奪取時のキレが冴えわたり、アデミウソンとのマッチアップでも引けをとらず。攻撃にも関与し、蜂須賀をサポート。CKから同点弾を奪い、会場のボルテージが最高潮に達しただけに、DFとして終盤の被弾は悔やまれる。
 
13 平岡康裕 5.5
強力2トップに的確に対応。ダイレクトでパス交換をする相手FW陣に対して食いつき過ぎずしっかり我慢し、空中戦でも奮闘した。それでも、わずかな隙を突かれて、3失点を喫した。
 
50 増嶋竜也 5.5
オウンゴールの場面は難なくクリアできたはずで、判断を誤ったか。その後は的確な対応でインターセプトする場面を見せたが、惜しい試合だっただけに悔しさが残る。
 
MF
23 中野嘉大 6
前半は仕掛けがあまり見られなかった。しかし、チームとしてボールを持つ時間が増えると、ジリジリと高い位置に進出してチャンスを演出。ドリブルだけでなく、上手く味方を使う頭の良さも見せた。
 
17 富田晋伍 5(90+2分OUT)
アジリティと判断のスピードでマッチアップした相手に差を見せられた。ボールを受ける回数も少なく、存在感は薄い。
 
18 三田啓貴 6
24分、ゴールとはならなかったが、会場の雰囲気を変える際どいシュートを放った。その後、ボールを持つ時間が増え、主導権を握ったのは偶然ではないだろう。積極的にギャップでボールを受け、攻撃のアクセントなる場面も。
 
2 永戸勝也 5(14分OUT)
仕掛けやクロス、攻撃で見せ場を作れないまま、負傷によりピッチを後にした。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

1/3ページ

最終更新:7/2(日) 8:00
SOCCER DIGEST Web