ここから本文です

【G大阪】凄みを増した井手口陽介。自ら語る日本代表の2試合を経験した効果とは

7/2(日) 8:00配信

SOCCER DIGEST Web

代表の試合を経て、「自信がついた」。

[J1リーグ17節]仙台2-3G大阪/7月1日/ユアスタ
 
「厳しいゲームを勝ち切ることはなかなかできない。こういう勝ち方は今後につながるし、勝ち切ることが大事。課題はいっぱい見つかったが、その分、今日の勝点3は得たものが大きかった」
 
 苦しい試合となったゲームを井手口陽介がこう振り返った。
 
 たしかに試合は序盤こそ優勢に立ったが、ほとんどの時間帯で押し込まれる厳しい展開。しかし、その状況でも背番号8の存在は際立っていた。相手を怖気づかせるほどの速いプレッシャー、ボール奪取時のスピード、球際の強さ、どれをとっても段違いのプレーレベルで代表クラスのディフェンスを見せた。
 
 守備だけではない。アンカーとしてボールを捌き、トップ下の遠藤保仁と連係をしながら攻撃に関与。70分には右にボールを展開し、動きを止めずゴール前に駆け上がって、正確なショットでゴールネットを揺らした。
 
 まさに攻守で獅子奮迅の活躍。その原動力はどこにあるのか。井手口は6月に日本代表での2試合(親善試合・シリア戦、ワールドカップ予選・イラク戦)を経験したことが大きかったと説明する。
 
「(代表の2試合で)少しは自信がついて、迷いなくプレーできるようになった」
 
”自信“という言葉にすべてが凝縮されているだろう。迷いのなさが攻守において、プレーの迫力を生んでいた。
 
 最後に4日後に迎える延期分の13節、ホームの鹿島戦について、こう述べた。
 
「ここから連戦(5日vs鹿島、8日vs清水、12日天皇杯vs千葉)が始まるので、鹿島戦は非常に大事な一戦。しっかりホームで90分間、攻守両面においてアグレッシブにプレーしていきたい」
 
 ガンバの若武者は、その勢いのとどまることを知らない。
 
取材・文:志水麗鑑(サッカーダイジェスト)
 

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

最終更新:7/2(日) 8:00
SOCCER DIGEST Web