ここから本文です

浦和対広島を観戦した原口元気が、後輩の"スター"関根に送った賛辞とは?

7/2(日) 7:00配信

SOCCER DIGEST Web

「ふたりの間を抜けたところで、スピードに乗った」

[J1リーグ17節]浦和レッズ 4–3 サンフレッチェ広島
7月1日/埼玉スタジアム

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

 3-3で迎えた90+2分、ハーフウェーライン付近でボールを持った時、関根貴大自身もまさかシュートまで持ち込むとは考えていなかったという。
 
「相手が高い位置からハイプレッシャーをかけてきていた。そこでふたりの間を抜けたところで、スピードに乗ることができました」。この日は積極的に前へ向かおうと意識していただけに、迷いはなかった。ゴール前まで駆け抜け、「パスは考えなかった」「最後、GKと1対1になり、ニアしかコースがなく、そこを突くことだけを考えた」と、計6人をかわして冷静にシュートをねじ込んだ。
 
 浦和が前半に2点先取しながら、後半に3失点……。しかしそこから再び猛攻を仕掛けて、4-3に大逆転。関根はズラタンの同点弾もアシスト。そして土壇場、その右足で撃ち合いに終止符を打った。
 
 この日は同じく浦和ユース出身からトップチームに昇格し、浦和の背番号「24」を付けていた原口元気(現ヘルタ・ベルリン)が観戦に訪れていた。その先輩の前で、ビッグプレーを見せ付けた。
 
 試合後、関根はロッカー前で出迎えられた原口から、「すごいな! これまでのキャリアのなかでも最高のプレーが出たんじゃないか」と声を掛けられたと言う。

 この試合、ピッチに立った唯一の生え抜きだった。「元気くんが見てくれていましたからね。『何か』を動かしてくれた。良い流れに乗れれば」と、関根は"原口効果"を認めた。 

 しかも、決めたのはアディショナルタイム。ペトロヴィッチ監督の戦術の下、もっとも運動量を要求されるポジションであり、体力の消耗は相当だったはずだ。
 
「みんなが疲れている時間に、『個』の力で点を取れたことは、自信にもつながります」
 
 多くの報道陣の前で取材を受け、そんな受け答えをしていた関根。その背中をポンと叩いた那須から「ヘイ、スター!」と称えられると、顔を赤くして照れ笑いを浮かべた。
 
 試合終了の瞬間は、どっと疲労に襲われたという。「力を出し切りました」と、3連敗で食い止めた。
 
 さらに中3日を挟み、アウェーで川崎との大一番を迎える。「今日の試合でも課題が見つかった。後半の入り方(3失点)のような時間帯はなくさなければいけない。継続してやることも大事」と連敗ストップと久々のゴール、そして勝利に安堵しながらも、気持ちを引き締めていた。

取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:7/2(日) 7:00
SOCCER DIGEST Web